THE TWANG / LOVE IT WHEN I FEEL LIKE THIS

a0057367_1443969.jpg

ということで、トゥワング買って見ましたよ。


じつは真っ先に輸入盤に手を伸ばしたのだけれど、なんと2500円もするじゃあないかああ!
と思って内心
「買いにいく!って言ったけど・・・別のにしよっかなぁ・・・」と心が揺れた一枚でしたが、その輸入盤のとなりの日本盤がなんと2000円!!だったので速攻そちらを購入しました。

ハピマンの話がでてたので、もっとやってる音のほうもダンサブルで享楽的な感じなのかな?と思ってたけど、どっこい以外に普通な音づくりで意外な印象しましたねぇ。まあでもたしかにいかにもガラの悪そうな声質のVo.にはおもわずニヤニヤしたけどね(笑)
で、もう一点いいなぁと思ったのはギター。
こりゃもうホンマにU2のエッジそのもの!
じつはギタリストの中で一番エッジが好きな自分にはけっこう直球でした。

しかしまぁ、デビューアルバムってことで評価的には及第点ってとこでしょうかねぇ。なんかね、最近のUKの新人は伸びしろを感じさせるかたちで世に出てきてるような気がしますねえ。たとえばTHE MUSICの1stとかKASABIANの1stとか正直一聴した感じ「そんな言うほどすごいかなぁ?」って感じだったしなんというかすごく「まとまってない」感があるように思います。(つか、MUSICのなんてこんなものを売りもんにしてもいいの?ておもったし(笑))で、デビューでまぁまぁかなぁと思ってたバンドが2nd・3rdあたりで度肝を抜くようないい作品を出してくれるので、見守る側も成長を楽しみに待てるっていう。
このトゥワングもそういうタイプじゃないかなぁと思いました。いい流れですね。
[PR]
# by marusun1224 | 2007-08-28 15:05 | 音楽鑑賞記

みっけ!

いやはや!
まじで、マッドチェスターリバイヴァルなのかと一瞬興奮してしまいましたよ。


あなたは、U2はお好きですか?

そうですか。では
ハッピー・マンデーズはお好きですか?てかしってますかね?^^;

両方ともYES!なあなた・・・・・
あなたは同士です!

と、まったく話のみえない出だしで失礼ですが、ようやく琴線に触れるバンドがあらわれたのですよ。その名は、THE TWANG!!

なにやら、英国大手の音楽雑誌NMEで、あのMIKAについで期待される新人で第二位を獲得しているらしいこのバンド、ザ・トゥワング。
ロキノンで、インタビューが掲載されたので何気に気になっていたので、視聴してみたんですが
U2 meets HAPPY MONDAYSて売り文句がわらけるくらい当てはまるバンドでしたよ!

ああ、きてる・・・
きてるよ、マッドチェスター・・・・

明日、輸入盤買いに行きます!給料でたしw
[PR]
# by marusun1224 | 2007-08-11 23:12 | 音楽鑑賞記

アンテナ1本

ここのところどうも変である。


以前なら、雑誌やテレビとかを熱心にチェックして映画・音楽の情報だけは欠かさず注意していたのだけれど、どうも最近よくないのである。
・・・・・なんかわからんけど、イマイチ興味がわかないんだよなぁ。。

今は仕事で、常に車で走り回っているので、主にFMラジオをよく聴いているんだけれど、も、ぶっちゃけ洋楽も邦楽もすんごい退屈!
琴線に触れてくる音楽がほんとにないんだよなぁ。(特に邦楽は全く)

自分がつまらないのか、音楽・映画がつまらないのかはわからんけどこいつは少々困った事態なわけでありますよ。
やっぱり、常に自分で気合入れてチェック入れていれてさ、それこそアンテナバリ3(古いか@@)じゃあないと、こうグッとこなくなってしまうものなのかなぁ。

なんてこと思ったりしてますよ、なんかこうビリビリくるものに会いたいなぁ。
いいブツあったら教えてください。
[PR]
# by marusun1224 | 2007-07-28 22:29 | ぼちぼち日記

2007 夏の陣。 「お中元、ギフトビールの乱」

新しい仕事、そろそろ慣れてきましたよ。
営業の仕事から少々はなれて、宅急便のあんちゃんやってます
おそらく、これからずーっとこの仕事していくような予感がかなりしてきてて、ちょいと安住の地を見つけたような安らぎをおぼえつつ、毎日汗水しておりますよ!


実務的には、荷物の宅配と集荷がメインなのだけれど、「たくさんある荷物を時間指定を違えず、いかに効率よく行き先を組み合わせてまわるか」とか考えながら、道順を組み立てるのがなんかすんごいおもろい!なんかはじめて「あれ?俺これけっこうむいてるんじゃね?」って思うほどいい感じで回れておりまする。

で、この時期といえばそう!
お中元の季節なわけですよ。みなさん送ったりもらったりしてますか?

お中元てさ、「ナニを贈るか」けっこういろいろな選択肢あるとおもうんだけど、実際運んでみて一番多いなあと思うものってなんだと思います?

僕の見た感じでは、
やっぱりビール!これが一番多い。もらうとうれしいよね^^

でさ、普段ビールとか発泡酒とか飲んでるときはまさに、しあわせタイムいがいなんでもないわけなんだけど、こいつがさ・・・・・もう、いちいち重いのよ><
500ml、12本セットとかになったらどんだけ凶悪なギフトやねん!と。
まあ、それが仕事だけどね^^;

梅雨明け間近で、そろそろ本格的に夏の日差しになってくるだろうから、あと何キロやせるか楽しみにしながら、ぼちぼちやってくmaruでした。
[PR]
# by marusun1224 | 2007-07-19 22:50 | ぼちぼち日記

たまには素直に癒されるべしの巻

小生、「癒し」といふ言葉が大嫌いでありまして、昨今日本を駆け巡った「いやし」ブームのぞは、カーペッ!てやんでい的なスタンスを崩さないことで、自らの脆弱なプライドをからくも保持いたしてまいった次第でありましたが・・・・・



なんかもー、最近・・・「素直になろう」ってふと思ってさ・・・・



仕事からかえった9時あたりに、このCMみたらまじで癒されてるんです><


SUNTORY  金麦シリーズ

いや、あのね、その、
まんまとサントリーの宣伝戦略にノせられてるのはわかってるんだけど・・・・
だめだ・・・・・いやされるううううっう

誰すかこのきれいなお姉さんは!おもわず、
「絶対まっててえええええっえ!」と返答したくなるような癒しCMに釘づけ。


そうして、きょうもKIRIN 淡麗<生>をグイ飲みするmaruでした
[PR]
# by marusun1224 | 2007-07-09 21:57 | CM感想記

『know your enemy』という提言

最近、これまでの自分の人生とかぼんやり思い返すことがあるのですが、つくづく自分の人生には目標というものがなかったなぁ~と思うことがありますよ。
いや、正確には目標が見えてなかったってとこなんだろうか。

基本、ニンゲン一匹なにか成すべきことを成するため、この世に生をうけているのだ!
なんてうっすら意識したりはするのだけれど、いざ実相は!?となると・・・・・・・なあんにも成してないような気がして凹んだりしております。

これすっごい自分の中で大きな実感なんだけれど、正直maruは小学5年生くらいで成長とまってるんじゃねえの??と思ったりします。
うまくはいえないけれど、28歳ともなりゃ友人とか結婚したり、やれ出産だ~、やれ新居だ~とかめでたいニュースが聞こえてくるわけで、同じ年齢の自分にそのシチュエーションをあてはめて、「maruが結婚」とか「maruが出産」(はないけど!w)とかイメージしても、全く違和感全開なんですが?^^;という現状。

でだ!

最近思うのは、なんか目標をもとうぜ!(そろそろ)ということ。
ついつい、目標たてずにだらだらやってると、まじで容赦なく時間が経ってあっちゅうまに老け込んでしまうなと思うよ、ほんと。

そんなふうに考えてたときに、ラジオから聞こえてきた曲(Jay-zか誰かだったかな)のなかのワンフレーズにビビビと電気が走りました。そのフレーズが、この
『know your enemy』かっこいい!

そう!そうだよ!
いままでぼんやりと生きてきたのは、enemyが見えてなかったからだ!と開眼した気になりましたよ。とりあえず、俺の敵は貯金だ!ということで、100万円くらいお金ためてみるか!と意気込んでおります。あなたのenemyはなんですか?
[PR]
# by marusun1224 | 2007-07-09 13:24 | ぼちぼち日記

たなばたでしたね


きょうはたなばたでしたね!
こちらはうるさいくらい晴れで、あでやかな浴衣姿の女の子をていねいにチェックする回数と、祭りにくりだすカップルに舌打ちを向ける回数がやけに多い日でこまりました。
じつはこの7月7日、たなばたというのは僕にとってけっこうなメモリアルデーでありまして今日はそんなお話。ひさびさに書くからうまくかけないけど、うぉーみんぐあっぷだ!


そうあれは、高校3年の七夕。
僕に生まれて初めてカノジョが出来たのはたしかに、たなばたでした。

男子校でそもそも出会いがないはずの僕が、高校生でいる間にカノジョなんてものが出来てしまうとは、ゆめゆめ思うはずもなく・・・・
告白が上手くいった帰り道、なんかしらんが「ああ、神様!!」と、よくわからないかんじでよくわからないものに感謝したことをよおくおぼえてるなぁ。

そのままうまくいったら最高にメモリアルなデーになったのだけれど・・

その後、8月8日にカノジョが妙によそよそしくなりだし、
そして、9月9日にカノジョに「別れて」って言われるなんて・・・
神様・・・・オレの運命もてあそんでる?
と思わないでもなかった高校3年生です。
結局2ヶ月ほどの短命な初恋愛であったわけですが、
そもそもはじめの七夕の日が大雨だったのが、不吉すぎたな・・・とおとなになったぼくはおもったりしています。

10年ぶりにそのコと再開したとき、僕と付き合う前あたりのことを聞く機会があったのだけれど、
どうやら、一旦別れた彼氏と距離を置いてるときに付き合ったのが僕。
「やりなおしたい!」と元彼に告げられたのが・・・・・・・8月7日。
「やりなおそうか」と元彼に告げたのが・・・・・9月8日。
文化祭の準備期間に、遅くまで共同作業を一緒にする中でふたたびお互いのことをみつめなおしたのとかなんとかだそうで、今では同じ彼と結婚し、2児のママとのこと。

・・・・・・・・「恋はたなばた!」ではなく「恋はたなぼた!」と、自分をいじって遊ぶくらいしかぼくの余裕を保つすべはありませんでしたとも!ええ!

なんていうことを思い出すようなたなばたでした。
おあとがよろしいようで。
[PR]
# by marusun1224 | 2007-07-07 23:21 | ぼちぼち日記

終了

仕事変わりました・・・・・


じつはけっこう前に辞めてしまっていたのだけれど、ようやく次の仕事にありつけまして、汗水たらして再奮闘しておりまする。

正直1年くらいは続けたかったんだけれど、いやーキツかった!
営業って仕事、向いてないとは思わないけど、続けたいとは思えずいろいろと悩んだりしました。半年で15人も、新人さんが辞めたこと考えると「やっぱキツいよなぁ」と少々自分を慰めたりもしていますよ。

かなり、放置していた当ブログも更新する余裕ができてきたので、再び本腰いれようとおもいまっす!また、よろしく鬼が島ス!
[PR]
# by marusun1224 | 2007-07-05 22:40 | 営業日誌

ディパーテッド

a0057367_8304551.jpg



うへ、気がついたらもう5月ですねぇ~;
ここのところ自分の書く文章に納得いかず、書いては消し書いては消しを繰り返したあげく、こんな放置っぷりをさらけ出している男ことmaruでございます。(そんなたいしたこだわりでもないクセにね^^;)

というわけで、とりましたね!スコセッシがついに!
巨匠巨匠と言われてきたマーティン・スコセッシ監督にようやくオスカー像をプレゼントした大変意義深いこの作品、『ディパーテッド』観ましたよ~。

原作は香港映画の傑作『インファナル・アフェア』なんですが、僕もこちらを先に観ていまして、ドキドキハラハラな展開はもちろん、ありそうでなかったキャラ設定のシンプルさに驚かされた記憶がありました。(未見の方は是非そちらもオススメ)

さて、その設定をそのままハリウッドでリメイクしたのがこのディパーテッドなんですが、ストーリーの展開自体は原作とほぼ同じですね。
舞台をボストンに移し、アイリッシュマフィアと警察と。

組織育ちで刑事になった男(マッド・デイモン)、
そして警察から組織へ潜入した男(レオナルド・ディカプリオ)。
対立する2つの組織にともにスパイがいるというこの設定がほんと秀逸。

サスペンス的な要素の部分はさしてとりあげることもないかなーとはおもうんだけども、この映画のラストシーンはなかなかのものでしたね。ここも原作どうりにリメイクしてあったと思うんですが、こちらの感情移入を全力で拒否するようななんちゅう後味の悪さ(笑)
思わず、「あああ、インファナルもこんなラストだったなぁああ」と一気に記憶が呼び覚まされましたよ。

役者さんの方では、やはりJ・ニコルソンでしょうが!(笑)
ここんとここんなにこってりとしたマフィア役はお目にかかってなかったもので、かえって新鮮な演技で・・・・一番目立ってましたね。
あと、ディカプリの今回の役はマフィアの潜入捜査官てことで、けっこうガラの悪い役なんですが、このひとは年とりませんなー、童顔だけにちょっとしっくりこなかったかなぁというのが正直なところ。こういうディカプリオ見てると『ロミオ&ジュリエット』をなんとなく思い出しましたね。

で、最後にマーク・ウォルバーグ相変わらずどことなくもっさいですね!(笑)


それではまた。
[PR]
# by marusun1224 | 2007-05-01 12:02 | 映画鑑賞記

KASABIAN / EMPIRE

a0057367_17491227.jpg


ここ半年、いろんなCD聴いてきたけど、こんなに興奮したのはひさびさだなぁ!と思わせた一枚。それが、カサビアンの2nd、この『エンパイア』でしたね。
正直、一枚目は騒がれた割にはいまいちかなぁ~、なんておもっておりました。というのも、確かにギラッと鋭いセンスは感じるけど、まだまだ荒削りすぎる点が多かった。
Club Footとか、めちゃめちゃかっこいいけどまだまだどっか「素材そのままなってる感」ってのは否めなくて、「KASABIANこのままだったら正直追いかけなくてイイナー」なんてみくびってましたよ!ずばりいうと、一本調子で飽きた^^;;

だけど、

逆転満塁ホームラン。

2枚目、こちらの不満を丁寧に解決するような傑作!やるや~んKASABIAN!!
一曲一曲の完成度がグンと上がって、それぞれの曲がちゃんと違った顔をみせてくれるので、バンドの力量がどんだけスケールアップかがよーわかるすばらしい出来!
バンドの堂々たるたたずまいにシビレましたよ。

で、コレ買うときCDのタイトル名見て買わなかったんだけど、@で「なんて名前のアルバムだろうと思って見直してみたら「エンパイア」(帝国)じゃあないですか!

うん!確かにこのアルバムのタイトルはEMPIREだよな!

と、不思議に納得したのでありました。
[PR]
# by marusun1224 | 2007-04-03 18:09 | 音楽鑑賞記