音楽人生革命的CD

a0057367_0371598.jpg

あれは、高校2年の夏のこと

Queenにて洋楽に目覚め、さてそろそろ他の音楽も聴こうかと思っていた頃、
一枚のCDとの出会いがあった。

コレ。   
THE STONE ROSES 
のデビューアルバム
「THE STONE ROSES」。


なんのきなしに手をとったこの一枚、その後の音楽人生に深~い一撃をお見舞いしてくれました。


と、書くといかにも高2のとき衝撃受けように見えるけど、じつは、そのときは聴いても聴いてもじぇ~んじぇんなんも感じませんでした・・・・むしろ
「なんじゃこれ!・・・金損した」!!と思ったものでした。

それまで、比較的キャッチーな音楽しか聴いてなかったので、ちょっと難しい曲となるとこちらが対応できなかったんですね・・・・

ところが、それから2年、大学入試のため予備校に通っているころ、ぶらりと入ったCDショップで再びコイツと再会したのです。店頭価格¥1680というオトクプライスにも導かれ購入。



2年ぶりに聴いた楽曲たちは、どれもが触れたことのない響きを伝え、
中でも「I am the resurrection」後半の即興気味のアウトロは、グルーヴ
という言葉の意味をあますことなく伝えてくれました。

そのときは難しく感じても、耳を育てれば良さがわかるようになるんだ!と感動した一枚
[PR]
by marusun1224 | 2005-11-14 01:09 | 音楽鑑賞記
<< タメ年オールスターズ 音楽ダウンロード録(其の弐) >>