マイジェネレイション

よく音楽についてまわる話題として「時代」というものがある。(特に洋楽)

僕が洋楽(特にロック)にのめりこんでいった時代とは1994~2000年くらいの90年代後半のあたりだった。
アメリカでは、カート・コバーンの自殺を境に、グランジのメラメラ燃える炎が徐々に消え始め、それに合わせるように有望なロックバンドが出てこなくなってきていた頃。
イギリスでは、マッドチェスタームーブメントが終わり、オアシスの登場。「うた」の復権と、綺羅星のごとく有望な新人の出現。渦のようなブリット・ポップの真っ只中だった。



MTVを見ている。「’90classics」というやつだ。
そうか、そうだよな。もはや僕の90年代はクラシックなのだ。




懐かしいっ!



つくづくに90年こそ俺の時代だ!と思うんだ。



あの頃洋楽きいててホントよかった
[PR]
by marusun1224 | 2005-12-13 01:07 | ぼちぼち日記
<< 職 京都の同志社大生の事件について思う >>