有馬記念に思う

いやはや前のエントリで観てくれ!って言ったのに、

ディープインパクト、ハーツクライの2着に敗れる!


でしたね~。


ある種異常な雰囲気で行われた今年の有馬記念だったわけだけど、レース後の武豊騎手のコメントにあるように、空を飛ぶような走りをディープインパクトが見せてくれることはなかった。

なにがその原因なのかは当事者でもわからないくらいなので、いちファンの僕にはわかりませんが・・・・やっぱ、馬体重なんだろうかねえ?

実は菊花賞のときにも気になっていたけれど、この馬、馬体重が増えてないんだよな~。
今回の有馬記念はデビュー以来最軽量だったらしく、まさにぎりぎりの体だったのかもしれない・・・・・・やはりおつりがくるくらいの余裕はいるんだろうなあ

とにもかくにも、ディープ敗れる!って事実は、かなり残念だけれど決して悲観することではないな~と思う。一流古馬陣相手取って、ちゃんとほとんどかわして2着に来てるわけだし、まさかのハーツクライの荒業に敗れたけれど、並みの馬じゃないことは証明済みなんだから、黙ってリベンジの時を待つよりないなあ。

ただ一番心配なことはディープが早熟な馬じゃないか?って点。
これだけの馬だから、その可能性は十分にありうる。ヨーロッパとかじゃ名馬は大事をとってさっさと引退するけれど、もともと早熟だからって理由もあったりする。

古馬になって成長が止まり、しだいに成績を落としていくディープインパクトなんか見たくはない。
いつか世界中にその名前を知らしめる馬であってほしいから、神様にこっそり祈るしかないですね。
[PR]
by marusun1224 | 2005-12-26 02:30 | ぼちぼち日記
<< 明日休みだから 27歳 >>