元旦

あけましておめでとうございます。

よーやく元日出勤が終わり、一息いれての2006年最初のエントリです。
(元旦に営業なんて、なんか野蛮だよ!ぷんぷんですわ!)

大晦日は例年どうり、家でザッピングに明け暮れたのですが・・・・・
なにやら今年は消化不良な大晦日でしたよ。

というのもPrideのメインイベントの終わりかたがちょっとなあ~って感じだったもんで。
小川直也 vs 吉田秀彦という、メインにふさわしい格調とちょっとした下世話さのない交ぜになった期待の一戦だっただけに、いいオチがつくといいなあと勝手にもりあがってしまっただけに残念な感じが残りました。

二人ともに柔道では、オリンピックメダリスト。
今では「ハッスル」レスラーに生まれ変わったプロレスラー小川と、
万人の注目を浴びる舞台を求め総合格闘家となった吉田
プロレスと総合格闘技、それぞれの求めるものの違いは素人だけど見てりゃわかる。
だけれど、やっぱ敗軍の将、兵を語らずではないけれど、試合後のリングはやっぱり勝った人のモンじゃないの?って思うんだよなあ。



もう随分バラシてるけど、以下ネタバレで失礼!






試合は、吉田の腕ひしぎ逆十字固めが見事にハマり、小川も根性で耐えるも「危険」と判断したレフリーよりストップがかかり、吉田の勝利。

勝った吉田はもちろんスゴイが、あの逆十字をグッとこらえタップしなかった小川も「さすが」と思わせる一戦だった。

その後のマイクパフォーマンスで、小川が試合中に吉田からうけた足関節技により足が
折れたことを明かした。確かにいまいち本調子ではない小川だったが、足が折れてるとは感じさせない試合振りだったので、会場も驚きの様子。


その後、吉田に対し「吉田、お前がんばれよ」と声をかけるあたりで、会場の盛り上がりはピークに。しかしその後、「いっしょにハッスルしてくれよ」と声をかけるも、拒否する吉田・・・・・のあたりからなんとも言えない雰囲気に。

会場の観客とともに「ハッスル」する(ハッスルするってなんかおもろい語感だなあ)小川、その後ようやく勝者吉田がマイクをとるも、退場中の小川と盛り上がった観客による「ハッスルコール」にコメントもかぶせられた吉田(すごくいいこといってたのに!)。

確かにプロレスは観客を楽しませてナンボなのかもしらんけれど、Prideのリングはプロレスのリングじゃないんでしょう?(素人知識でまことにすまんですが・・・)
前の小川vsヒョードル戦のときも思ったけど、やっぱ負けてもハッスルはなんだかなあ・・・・・・

この終劇では、あまりにも吉田が報われない気がしてならなかった。
やっぱり試合後の空気は勝者が占めるべきじゃないのか?とか、
主催者とかはこういうのをどうとらえてるんだろう?と思う一戦でした。



ちなみに、結局12月31日放送の特番たちのなかでベストだったのは、BS2でやってた
ロック誕生50年」って番組でした。(再放送っぽかったけど)

まさにロックの黎明期から今日に至るまでのヒストリーを時系列に紹介してく番組。

こういうのってすご~く助かる。


キンクスの「You really got me」オリジナルはマジで渋かった!とか、
サイケロックやハードロックはいまいち好きになれん!とか
U2がライブで掲げたという白旗を初めて目撃!とか
まったく未知の驚きをいっぱい拾った番組でした。(やっぱパンク誕生期最高!)
まあ、この番組で年を越せてよかったっすよ。
[PR]
by marusun1224 | 2006-01-01 23:38 | ぼちぼち日記
<< 人生最多回転的一曲 スターウォーズ最強説 >>