Kula Shaker / K

a0057367_2081623.jpg


久々に、レコ紹介を。

昨日っていうか今日、真夜中に飛び込んだメガトン級のビッグニュース。
クーラ・シェイカー再結成を心の底から祝福しまして、本日はこの一枚!


ハイ!Kula Shakerの1stアルバム 「K」です。


このアルバム、大変思い入れの深~いアルバムでして・・・・

発売されたのが1996年ということで、もう10年!が経ってしまったわけですが、96年といえば高校3年生でした。
当時のUKはまさにブリット・ポップ真っ盛りで、ハイクオリティなデビューアルバムを引っさげ続々と素晴らしい新人が出てきていた頃でした(なんか今と似てますね)。

そのころの僕は、ようやくTHE STONE ROSES(その時、すでに解散してた)の良さがわかりだしてきて、「グルーヴ」という言葉に関心大な時期でした。

なんか「グルーヴ」を感じさせてくれるバンドに出会いたい!そんな気持ちでいる時、MTVから流れてきたのがクーラの「Grateful When You're dead」

もってかれましたよ、ものの見事に。

この曲はわりかしインドテイストはないほうなんですが、
例えば「Tattva(タットヴァ)」や「Govinda(ゴーヴィンダ)」なんかは曲名からしてインド。

あんまりインドインドされるとヒくけど、基本はまっとうなロックバンド。曲も聴きやすいし、洋楽初心者だった自分には大変優しいバンドでした。

ブリット・ポップの頃、綺羅星のごとく出た新人バンドの大半が1stの出来やセールスのデカさにつまづいたのか、2nd・3rd・4thと枚数を重ねキャリアを続けていくことができずにいつの間にか消えていったのは、当時大変ショックでした。
このクーラ・シェイカーもなんか小難しい2nd「Peasants,Pigs&Astronauts」を出すころには、なんだかゴタゴタしていて、やがて解散・・・・・。デビューから付き合いのあるバンドって思い入れも格別で、泣くに泣かれぬ解散でした。

しかし、思いがけぬ復活劇!!
なんか最近感謝してばかりだけれど、ロックの神様!ありがとう!!


日本に来る機会があれば、絶対に行く!何があってもいくぞ!


ちなみに(1)
クーラの1stアルバム「K」は中古CD屋さんに結構落ちてます。しかもなんか安い!
今日も1枚210円(!)で救済してきたので、友人に出す宿題にします。

ちなみに(2)
このアルバムのジャケって確か宗教上マズいとかなんとかで、上のアレに変更になったと思うのですが、最初の頃はすごくシブくてカッコイイジャケでした。
(もし手に入るなら、そっちも欲しい)

ちなみに(3)
私事ではありますが・・・・・・
このアルバムが出る直前に、生まれて初めてできたカノジョに振られました。ああ青春の一枚。

                                ★★★★★
[PR]
by marusun1224 | 2006-01-14 21:14 | 音楽鑑賞記
<< 「全巻借り」の幸福 THE REVENGE OF ... >>