the verve / URBAN HYMNS

a0057367_1135477.jpg

昔聴いた音楽ってなんでまた聴きたくなるんでしょうねえ?


ここのところのUKの勢いを見てると、どうしてもブリットポップの頃聴いたバンドやアルバムに手が出てしまう。
別に感傷的な気分に浸りたいのでもないのに。

そういうお年頃なんだろうか?

リチャード戦線復帰祝いにアーバン・ヒムズをUPしてみました。


このアルバム、出た当初は買った友人から借りて聴いてたので、持ってなかった。
OasisのCast no shadowはthe verveのRichard Ashcroft宛の曲だそうだ・・・とか、
Richardは裸足でステージにあがるそうだ・・・・とか、
いろいろ耳にはしてたけど結局買わなかった。(てか、買えなかった・・・ああ貧乏高校生)

その頃から、実に10年後


このアルバムの一曲目の「Bitter sweet symphony」が、服屋さんで偶然流れてきて・・・・「ああ、やっぱ買っておくべきだった」と思いそのまま購入したアルバム。
このアルバムが出た頃はもうブリットポップも下火になりかけてたと思うけど、改めて聴いてみても全然いいですね!

お気に入りは、
1.Bitter sweet symphony 4.The drugs don't work 7.Space and time
9.Lucky man 11.This time

それにしても、Bitter Sweet Symphonyのイントロ。
これはいつ聴いてもスゲーな!あのストリングス!!

なんとも言えない気高さ高揚感。
グワーって男気(?)が沸々と湧き上がってきます!
一切人に道を譲らずに歩きたくなりますよ、そりゃ(笑)
[PR]
by marusun1224 | 2006-02-09 01:48 | 音楽鑑賞記
<< 未来・・・ね ロックバトン・キャッチ!! >>