パッチギ!

a0057367_111329.gif
とうとうみてしまった。
最近また賞を受賞されたようですね~、これまでにも沢山賞を獲ってるらしいとは聞いてました。井筒監督の前作「ゲロッパ!」が正直イマイチだったので、内心「ホントにそんなにイイ作品なの~?大丈夫?井筒カントク・・・」って訝りながら観ましたが・・・・・



ごめん。完敗。
噂どうりの素晴らしい出来でした、ええ、そりゃあもう。


なんというか、構成が素晴らしいなあ。
キャラごとのエピソードをしっかり作って、ラストに向けてそれを絡めていったあの手法!
いやいや、すげぇや。
本当に、あのラスト前の3つのエピソードが交互に現れ、入れ替わりながらグワーッてテンションを高めてくあたり、鳥肌がたった!めったに立たないのに・・・・・
対立・親和・融合と、日本・朝鮮という2つの立場が織り成す人間模様を同じように並立させて提示させるっていう・・・・・やられた!

正直、日本とか・朝鮮とかそういうハナシってリスキーなテーマだと思うんだけれど、「どうしたらいいかわからん」ことを正直に「どうしたらええかわからんわ!」って堂々と主張したような潔さが素敵でした。


それまで、井筒カントクについては「やたら文句の多いオッサン」程度の認知でしたが・・・・・
これからは一転、「巨匠」扱いにきりかえないといけないかも?などと思うのでした。
[PR]
by marusun1224 | 2006-02-23 01:20 | 映画鑑賞記
<< Veruca Salt / E... フィギュア、そしてインド戦 >>