Dragon Ash / Mustang!

毎回レコ紹介のたびに、ジャケ絵を拾ってくるんですけど(主にアマゾン)、たま~にアマゾンさんセールしてるのがど~もなあ。a0057367_213830.jpg

右下に「○%off」とか付いた画像はやっぱイヤ!(笑)
この画像も、ワンクリックではるばるフランスのアマゾンから拾ってきました・・・・・・
手間かかったわりにゃ、汚いな~(笑)

ああ、話がそれちゃった。

で、DAです!

彼らのデビューアルバム、これがやっぱ僕は一番ですわ!
いつも、言いそびれるんだけど・・・・
「音楽聴くと映像がうかんできませんか?」自分だけのPV。僕は浮かぶんですが。
この一枚、僕にとっては、
土の香りが漂ってくるサウンドから、
しなやかに鍛えられたインディアンの背中が目に浮かぶアルバムです。

最近では、なんか見てるのがつらくなってしまった・・・・ドラゴンアッシュ。
ロキノン編集長、山崎洋一郎先生のラジオで一聴して虜になり、
「大学受かって友達できたら、タワレコあるとこにいって絶対アルバム買おう!」
と思った浪人時代がありました。(近所に置いてる店は一軒もないんだもんさ!)
結局その望みは達成され、初めて聴いた時の衝撃は、邦楽ではAIR以来でしたよ。

スマパン、レッチリ、グリーンデイ・・・・

骨太でありながら繊細で、なによりスマートな音に飢えてた僕の望みをほぼパーフェクトにかなえてくれた初めての邦楽のバンドでした。

ドラゴンアッシュは『Lily Of Da Valley』以降、耳にしてない。
例の、キングギドラとの一件。くわしくはしらないけど、もう思い切ってロックに戻ったら?って思ってしまう。そんくらいいいロックバンドなんだから。

もういちど、誇りと衝動と「インディアンの背中が目に浮かぶ」音を届けて欲しい、と願ってやみません。

そういえば、『Cowboy Fuck!』って曲、あったな・・・・そりゃインディアンも浮かぶよな。

お気に入りは・・・
1.One Way 2.Rainy Day And Day 3.Cowboy Fuck! 5.Where Where Where
8.Baby Girl Was Born 14.Fever
[PR]
by marusun1224 | 2006-03-16 02:49 | 音楽鑑賞記
<< WBC 二次リーグ、日本vs韓国 WBC 日本、2次リーグ初勝利!! >>