『WBC』

韓国戦には、もうあんまり触れないでおこうと思います。
ただただ韓国代表の輝きは本物だということ。
日本は、あまりにも打てなさすぎたな、ということ。
なにより、野球は「流れ」のスポーツなんだなあということ、録画で観たけど感じました。


今大会について僕が感じたキーワードは『伝統』でした。


前の記事で触れたように、「王監督に恥をかかせたくない」という一言。
ある種、「野球」の象徴的なイコンである「ON」。
王監督に恥をかかせないとは、つまり「野球」にドロはぬらせない!という決意なんだな!と受け取り、そこに感動を覚えました。彼らは伝統を守る試合もしに行ったのか、と。


現場の選手・監督・コーチ・そのほかのスタッフには、お疲れ様と言いたいです。
普通なら、シーズンに向け調整する時期だけにシーズン並みのパフォーマンスまでは発揮できなかったようにも思います。が、これは国際大会。
どうであろうが、勝つチームはある。
W杯と同じような厳しさがあったように思います。
(日韓大会のフランスを思い出してます。ジダンが直前に怪我した)


打線の迫力のなさは、やはり松井・井口の不在を想起させるし、追い詰められた選手達がプレッシャーを受け力んでるさまには大舞台での経験不足を感じさせます。
なにより、「アメリカ戦の出来事」がアタマに浮かんでしまうのが残念。


サッカー日本代表に呼ばれて辞退する選手はまずいないでしょう。
しかし、『WBC』に呼ばれて辞退する選手はいました。
もちろん、そういった選手のことを責めるつもりは毛頭ないです。彼らには彼らの戦いがあるし、それはとても大事なことです。
しかし、WBCで日本代表に呼ばれるコトの意味合いが、W杯で日本代表に呼ばれるコトと同様の重みがあったならば・・・・・きっと違うラインナップが揃ったことだろうし、準備もそれこそリーグを挙げての大騒ぎだったろうな~と思いました。
やはりそこは積み重ねの差、伝統の差なのかもしれません。


WBCの伝統の1ページ目に、どのような記録を記すか?
まだ終わってないので、
望みは薄いけど、メキシコに念力送って勝って貰うしかないですね(笑)


最後に、イチローが韓国戦の敗戦を受け、「自分の野球人生において屈辱的な日」と発言していたのを見て、なんとなくそうかぁと思いました。
きっと、一番伝統について意識していたのはイチローだったんでしょうね。
きっと彼が肩を並べることになる野球界の偉人達に申し訳なかったということなのだろうなあと思いました。さすがですね。
[PR]
by marusun1224 | 2006-03-17 01:49 | ぼちぼち日記
<< WBC グラシアス、アミーゴ! WBC 二次リーグ、日本vs韓国 >>