サルベージ ダイアリー(no.5)と少し

給料前なんだけど・・・・またやっちゃったよ。
もう中古CDは猛毒
なんでかしらないけど、ど~も洋楽CDって値のつけ方がありえない店があるんですね~。自己評価額とのあまりの開きに愕然とすることもしばしば。
ありがたいお話ですが・・・・・・中毒性高すぎですよ。

ワゴンセールやってようもんなら必ずチェックしてるからなあ。僕にとって中古CD屋および古本屋は鬼門です!

今回のサルベージ品はと・・・・

The Cardigands / LIFE  ・・・(210円)
Good CHARLOTTE / The Young And The Hopeless ・・・(210円)

以上の2枚。
どちらも輸入盤の中古なんですが、カーディガンズの『ライフ』なんて、めちゃ有名な一枚だし、グッド・シャーロットなんて210円で出したらもったいなくないか?
と、お店を心配してしまうくらいの良心価格。また、おいしい買い物してしまった。


お金なかったけど、どうしても読みたい小説があったんでこちらも買ってしまった。
白石一文 『私という運命について』(1680円)
a0057367_192689.jpg

以前、hamejiさんのところで、レビューに感動して是非欲しかった一冊。読書家ではないので絶対に新書なんて買いません(ボンビーなのよ!)が、欲しいと思ったら買わずにいられない性格なので購入しました。

まず、タイトルからしてドツボ。
内容はまだ読んでませんが、自分が小さい頃からずーっと考えてたテーマが「運命ってなに?」だったものですから、まさに「これっ!」ってタイトルでした。
こんなに期待して小説読むの久しぶりだ。
ああ、また読む本増えた・・・・読んでないの山積みだ(笑)

ちなみに、最後までどっちにしようか迷ったのは、コレ(↑)かコレ。ちょっと立ち読みしてしまいましたが、こっちは給料でたらすぐ買います。(あのエプロンにあんないじらしいエピソードがあるとは)
[PR]
by marusun1224 | 2006-03-29 01:22 | ぼちぼち日記
<< 1500HIT!! なりたいな。なれるかな?なりた... >>