AEROSMITH / GET A GRIP

a0057367_291689.jpg改めて考えてみると、僕はつくづくUK派なんだなあ、と思います。自分じゃ、USも聴いてるつもりですけど、やっぱ数はUKのが多く、相性いいんだなあと思ったりしますが。
USで聴いてきたバンドで、まず思い出すのがAEROSMITHです!
中学3年のころまで、なにを隠そう僕はかなりなB'zファンでした。
あの頃は、ちょうど『RUN』が出たあたりの時期で、『Browin』とか、『ZERO』とか、みんな聴いてまして、僕もそのうちの一人だったんですが・・・

洋楽友達から借りて聴いたこのアルバム一枚で、B'zer卒業してしまったというエピソードもあり、感慨深い一枚です。

まあ、正直な感想は「なんだこれ、B'zのパクリじゃん!」だったんですが(恥)、だんだんと聴いていくうち、まずもってスティーブン・タイラーの怪鳥Vo.の凄まじさがとてもかっこよくって!

この頃のエアロは途中の中断をはさみ、ようやく本調子に戻ってきていたあたりで、Bon Joviのプロデューサーを起用したのが大当たり。先の『Pump』・『Parmanent Vacation』とあわせて、見事に時代に合わせた作品をだしてましたね~。

この後の移籍したコロンビアでの作品はあまり聴いていないので、そろそろエアロでも聴くかな~と考え中です。
ちなみに、エアロの日本公演の前座にB'zが指名受けたってホントなんだろうか?
ホントだったら・・・・・・う~ん、複雑(笑)
[PR]
by marusun1224 | 2006-04-22 02:24 | 音楽鑑賞記
<< ありがたきしあわせ よっしゃ、またがんばっていこ! >>