第133回 天皇賞(春)ですね!

競馬のレースのなかで一番格の高いレースをG1と呼ぶのですが、全部で24レースあります(普通のが22、障害競走2)。
年齢や、獲得賞金、ファン投票など出走条件も様々ですし、また、1200m~3200mと、距離も様々なんですが、今日のこの天皇賞(春)は最も長い3200mのレースでございます。(もっと知りたいかたは、こちらのJRAのページをどうぞ

格式あるレースだし、レースも長いから(3分と10~20秒くらいかな?)たくさん走ってるとこも見られるしと、お気に入りのレースなんですが、なんといっても注目は、
三冠馬ディープ・インパクト、今年初のG1出走!!
コレに尽きるね!

昨年の暮れごろ、ディープ陣営から夏からは海外挑戦という一報が飛び、たいへんに興奮しました。というのも、日本競馬はこれまでほんとに世界で勝てないもんでして、日本で活躍したおウマさんですら、海外では無残に敗北・・・・というシーンばかりだったのです。

ココ最近では、外国産馬(外人のおウマさんね)がぽつぽつ海外で勝てるようになってきたし、内国産(日本人のおウマさんね)でも、アメリカでオークスを勝つツワモノもでてきたし、というふうにレベルが上がってるのはまちがいない。

で、ディープですよ!

こいつなら、世界最高クラスのG1レースでも、やってしまうんではないか?と期待するに十分な逸材。そのディープ・インパクトが海外へ行く前に、日本で出走する予定なのがこの天皇賞(春)なわけ。

そりゃ、見逃せませんよ!(仕事で見れんけどね~)

是非、ここでいつもどうりの力で走って勝って行ってもらいたい。
そして、ゲームやマンガの中でしかリアリティーのなかった「日本産馬で世界一」の栄誉を競馬ファンに届けて欲しいものですよ!
[PR]
by marusun1224 | 2006-04-30 03:58 | ぼちぼち日記
<< 第133回 天皇賞(春)でしたね! Cut 5月号が良いのだ >>