実力テスト in ドイツ

うーむ。
また手厳しい意見をしてしまうのだけれど、勝ってはくれませんでしたね^^;
クロアチア戦後の、各国の紙面でもかなり手厳しい論調で書き下ろされた日本代表。
悔しいやら、情けないやらで、感情的になりそうになりますが、あえて一点。

ヤナギ・・・・あれはないよ・・・・。

えーー以上!(笑)
柳沢君には登録ポジションを「FW」から「SPY」にチェンジするように!とか言おうと思ったけど、それは流石に考え直しました^^;
本番だからねぇ・・・そういう評価はやむなしという気もしますが;;

たださあ、もうひたすらにヨシカツ!ヨシカツ!ヨシカツ!
なワケですよ!

PKのシーン。
「あ、なんかしそうだな」と思わせるようなオーラがやはりこの人にはあるなぁと思いました。結果止めてるしね!
前回大会、ひたすらベンチにいたヨシカツがこうして守護神たる働きぶりみせていることには感慨もひとしおです(TT)(イケナイことだけど^^;)
トルシエん時はキツかったもの;;

さて、予選とかもうほぼ望みはないんでしょうが、今回のW杯日本が最大にツイてた事はブラジルと本気試合が出来る!(1.5軍かもしれんけど)というこの一点ではないかと思ってました。

今回の日本代表は、かつてワールドユースで準優勝した「ゴールデンエイジ」が母体となったチーム。意見は様々でしょうが、かつてないメンツが結集したチームであり、いわば現時点までの日本サッカーの集大成ともいえるチームなのでは?と思ってます。


そうした日本が、王者ブラジルにどこまでやれるのか?
日本はどの地点まで辿り着いているのか?


結果は、今後の日本の一つの指針にもなりうる重要なものではないかと思います。


中田英寿、川口能活・・・・アトランタ五輪をおもいだすねぇ!

負けて当然。ともかく攻めろ、日本!!
[PR]
by marusun1224 | 2006-06-20 20:29 | ぼちぼち日記
<< 「W杯」 絶対に負けられない試合があるわけよ! >>