「W杯」

「ハポネス」といえば、「サッカーのへたくそなヤツ」という別称でもあり、そして不名誉なことに「日本人」を意味する言葉でもある。


日本vsブラジル。


今大会のブラジルは、まさしくペレの指摘したとうり本来のパフォーマンスとはまだ遠いものだったと思う。前の2戦で見せた、ジリジリするような展開は、パッと見て間違いなく「王国」のそれではなかった。

玉田の放り込んだあの美しいゴールは、いまだ寝ぼけまなこであった王国のけだるいうたたねに、厳しい一喝を加える重要な一発となる可能性を感じた。


すべては、前半ロスタイム。
経験不足で浮き足立った日本が、いいようにやられたあの1点で決していたように思う。
後半に入り、2点目を獲ってリードしたブラジルの佇まいはまさに「王国」のそれそのものであった。日本がブラジルの目を覚まさせたのである。


ピッチの状態はあまりよくなさそうではあったものの、日本代表の拙いプレーは今日もさほどの冴えをみせることはなかった。
目を覆いたくなるようなお粗末なつなぎや、浮き足立った精神的なひ弱さには正直ウンザリさせられる部分もある。

しかし!しかしである。



日本はブラジルから先制点を奪った


この事実を大いに評価したい。
日本にサッカーが伝えられ、ドーハ・アトランタ・アジアチャンピオン・コンフェデ・・・・・。
じわりじわりと成長してきた日本の成果が、この1点に凝縮されているようで、激しく感動した。

胸を張ればいいのである。

アトランタのような構えではなく、まっとうに挑み、まっとうに切り刻まれた結果である。
4-1。
いいではないか!
たかだか3回出た程度の小国である。
百年後。ブラジルに手痛い一敗を食わせる日本代表が現れた時、いつか語られるにちがいない記録的な一戦だったと思う。


この一点が、未来の英雄を育む大きな種となることを切に願うばかりである。


最後に、
ジーコ、ブラジルからの一点なんてプレゼント・・・ありがとう!
代表選手のみなさん、お疲れ様でした!
[PR]
by marusun1224 | 2006-06-23 05:59 | ぼちぼち日記
<< 「Kula Shaker」バト... 実力テスト in ドイツ >>