中田英寿引退

先日放送された、引退特別番組を見てから記事にしようとおもってましたが、なかなかソレまでどういう風に記事にすればよいのか見当をつけるのに苦労しましたよ。

思えば、中田英寿の足取りはまんま日本サッカーの足取りであったように感じられてくる。カズの成功とはいえないセリエA挑戦のあと、「ああ、やはり日本人が欧州で活躍するなんてのは憧れにすぎないのか・・」と落胆したものだった。
しかし、ちょうどバトンタッチするようにして現れた中田が、ペルージャへの移籍を成功に導き(デビュー戦のユーベからの2得点!!いまだに信じられない出来事だ)、果ては優勝を狙うようなビッグクラブに移籍するような「本物のサッカー選手」として現れるなんて、予想だにしなかったことだ。

ほんとうにいい夢を見せてもらった。それに尽きる。

また、日本代表においては、日本人として覚醒した中田の姿を見れたのが嬉しかった。

かつてラモス瑠偉が活躍していたころ、その風貌が歴史上のキリスト教伝道者に似ていたことから、「サッカーの伝道者」というニックネームを耳にするとこがあったけれども。
この度の、引退特別番組をみて僕の目には「中田英寿」が「ラモス瑠偉」に見えてきてしかたがなかった。

異なる価値観を持ち、絶対に屈しないという闘志を持ち、チームを引っ張るにふさわしい技術と実績を持ち、日本的なぬるい連帯に厳しい一喝を加えることの出来るリーダー。しかし、理解されるのが難しく、孤独なリーダー。

かつて個人主義と痛烈に批判されたはずの中田の姿は、もうなかった。
「日本人でもできる」「日本人だからできる」
そこには欧州では「極東のサッカー小国からきた外人助っ人」としてトップレベルで切磋琢磨してきた男の確かな実感があるのだろう。
それゆえに、「日本人のここがいけない」「日本人にはここが足りない」の部分が上手く伝わりきらなかった点には、まさに無念無念である。
ラモスが「サッカー」を伝えたとするなら、中田が「本物」を伝えたと言えそうだなぁ、と感じた。なんなら今からブラジル戦でも見てみようか・・・・中田の無念の何分の1かくらいなら感じ取れるのかもしれないね。

今後、どのようにして活動していくのかそれは本人のみぞ知るだけれど、いつの日かサッカーのピッチに戻ってきて、日本をさらに上へと押し上げる為にその貴重な経験を生かす立場へ戻ってくることを心からねがっています。

リアルタイムでプレーを見ることができたことを幸せに思います。あなたは日本の誇りでした。お疲れ様でした。
[PR]
by marusun1224 | 2006-07-17 17:03 | ぼちぼち日記
<< 指定型バトン 『UK Rock... 『THE 有頂天ホテル』 >>