THE TWANG / LOVE IT WHEN I FEEL LIKE THIS

a0057367_1443969.jpg

ということで、トゥワング買って見ましたよ。


じつは真っ先に輸入盤に手を伸ばしたのだけれど、なんと2500円もするじゃあないかああ!
と思って内心
「買いにいく!って言ったけど・・・別のにしよっかなぁ・・・」と心が揺れた一枚でしたが、その輸入盤のとなりの日本盤がなんと2000円!!だったので速攻そちらを購入しました。

ハピマンの話がでてたので、もっとやってる音のほうもダンサブルで享楽的な感じなのかな?と思ってたけど、どっこい以外に普通な音づくりで意外な印象しましたねぇ。まあでもたしかにいかにもガラの悪そうな声質のVo.にはおもわずニヤニヤしたけどね(笑)
で、もう一点いいなぁと思ったのはギター。
こりゃもうホンマにU2のエッジそのもの!
じつはギタリストの中で一番エッジが好きな自分にはけっこう直球でした。

しかしまぁ、デビューアルバムってことで評価的には及第点ってとこでしょうかねぇ。なんかね、最近のUKの新人は伸びしろを感じさせるかたちで世に出てきてるような気がしますねえ。たとえばTHE MUSICの1stとかKASABIANの1stとか正直一聴した感じ「そんな言うほどすごいかなぁ?」って感じだったしなんというかすごく「まとまってない」感があるように思います。(つか、MUSICのなんてこんなものを売りもんにしてもいいの?ておもったし(笑))で、デビューでまぁまぁかなぁと思ってたバンドが2nd・3rdあたりで度肝を抜くようないい作品を出してくれるので、見守る側も成長を楽しみに待てるっていう。
このトゥワングもそういうタイプじゃないかなぁと思いました。いい流れですね。
[PR]
by marusun1224 | 2007-08-28 15:05 | 音楽鑑賞記
みっけ! >>