カテゴリ:ぼちぼち日記( 154 )

阪神大震災から11年

本日は、阪神大震災の起こった日より11年だそうです。



高校生の僕には「大変なことがおきたらしい」としか認識できませんでした。
しかし、歳を重ねるにつれ震災の大きさを知り、無知を恥じました。



自分の祖父・祖母がそうであったように、
いつか自分が老人になっても思い出すような大きな出来事として、僕の記憶にのこりつづけることでしょう。




震災の犠牲となり亡くなられた方々、そのご家族の心が安らかでありますように。
[PR]
by marusun1224 | 2006-01-17 00:09 | ぼちぼち日記

「全巻借り」の幸福

先日、おとうとの家から拝借してきた漫画「D-LIVE!!」を片手間で見てる。a0057367_23331254.jpg


作者は皆川亮二さんで、スプリガンとかアームズ描いた人。
スプリガンもアームズ(途中で断念)も読んだことあるけれど、今作の「ドライブ」が一番おきにいりです。


少年漫画らしい荒唐無稽さを戦隊ものみたいな設定でコーティングした作風は一貫しているんだけれど、今回のコーティングが一番おさまりがいい気がしております。

アームズの時は、もう途中から「ドラゴンボール式」話法が飽和状態で、読み進むのが正直ツラかった。その為、途中で断念・・・・・

でも、今回は読みやすくていいです。一話完結ってトコもすき。
[PR]
by marusun1224 | 2006-01-15 23:29 | ぼちぼち日記

THE REVENGE OF THE KING!!!!!

「うおおおぉぉぉぉっ!!」
深夜にもかかわらず、大声で吼えてしまった。こんなにうれしいニュース久しぶりだ。


ukmaniaさん
のブログで目撃した衝撃ニュース。


クリスピアン・ミルズ復活!
kula shaker再結成!!


信じられない。

ちょっと泣きそう・・・・うれしくて。


英語だけど公式HPはコチラ THE REVENGE OF THE KING
[PR]
by marusun1224 | 2006-01-14 02:04 | ぼちぼち日記

DJ気取りもなかなかいいもんです

昨年まで、MY PCを持たなかった僕にとっては、CD-Rに焼き付けて音楽を聴けるってことが、ほんとにほんとに大進歩。


データの管理もめちゃくちゃスムーズだし、録音時間も早い!
ほんとにもっと早くからPC買っときゃ良かったと思います。

これが、一昔だったなら120分のカセットテープにお好みCDを何枚も何枚も用意して、
ええっとそれから・・・・録音する曲の時間を一曲づつ調べて、A面とB面の間を曲がまたぐのが死ぬほど嫌いだから、片面きっちり60分づつになるように曲数を調整して、それでよーやく曲順だ!
こっからが一勝負!曲順がMy Bestのキモだから、一曲づつ頭の中でイメージして、ああでもないこうでもないって考えてようやく曲順決定。
さて、録音。録音中も油断禁物。CDプレイヤーの大敵は振動だ。
やんちゃな猫、やんちゃな弟、やんちゃな母には要注意。派手にドアあけられたりしたら最後。
音とび確実→はい、やりなおし。なのだ。


ああ、科学技術の神よ!ありがとう!
あなたのおかげで、私は無益な戦いから解放されました。
ホントに便利な世の中です。
おかげさまで、僕のMUSIC LIFEは思春期並みのテンション。
一曲づつ買えるダウンロードも重宝してます神様。


明日は休み。久々にMy BestCDつくっちゃお~。


<今欲しい曲リスト>
FORT MINOR  / Believe Me
Nine Inch Nails  / PERFECT DRUG
Ocean Color Scene  / HUNDRET MILE HIGH CITY
Underworld / TWO MONTHS OFF
Stray Cats / SUMMER TIME BLUES
The LA's / There She Goes
The Folk Implosion / Free To Go
We Are Scientists / The Great Escape .....

うう書ききれん。
[PR]
by marusun1224 | 2006-01-13 23:55 | ぼちぼち日記

俺の「今年」はどっち向き?

今日からはようやく正月休みも終わりになって、仕事初めの方もおおいみたいですね~。新聞のテレビ欄にも普段の落ち着きが戻ってきて、「ああ正月終わったなあ」と思う今日このごろです。


僕の方はといえば、


今日は休みだったので、「そういや、まだ詣でおらんではないか!」ってことで、
殊勝なことに車で神社に初詣に行ってきたワケですよ。


普通に参拝すませてさ、
お守りでも頂こうかな~なんて売店覗いたらえらい美人の巫女さんがいてさ、
「神社で始まる、素敵なコイ」的シナリオがチラっと頭をよぎってさ、
そしたら急に「何考えてんだか、おれ・・・」って思ってさ、
そいで、おみくじ引いたの。




うん














凶。



人生初の「凶」。
なんていうか・・・・・・・・アレだね。年の初めに「凶」引くと、ひくね。どっぷりと。

心理的に軽くなりたくて、
「凶って最悪じゃないよね?・・・そうだよ!たしか大凶ってのがあったはず!うん。きっと下から2番目にちがいないさ!ok!ok!・・・・・・・多分」
ムリヤリ自分説得するも、あえなく失敗。



年の初めから風邪引いたし、今年は要注意で生きていかんとマズイかも?って思った。


帰りにレンタル屋さんの払い下げビデオ・CDセールみつけて、衝動買い。
そーでもしないと、凹むんだもの。
1000円で、3本も買えてちょっと気持ちが安らぎましたよ。

ありがとう!マイケル・マン監督 『インサイダー』!

ありがとう!クリストファー・ノーラン監督『メメント』!

ありがとう!合津直枝監督『落下する夕方』!




ちなみに、「今日は」って書こうとして、「凶は」って出てくるのやめてほし!!
[PR]
by marusun1224 | 2006-01-10 21:30 | ぼちぼち日記

元旦

あけましておめでとうございます。

よーやく元日出勤が終わり、一息いれての2006年最初のエントリです。
(元旦に営業なんて、なんか野蛮だよ!ぷんぷんですわ!)

大晦日は例年どうり、家でザッピングに明け暮れたのですが・・・・・
なにやら今年は消化不良な大晦日でしたよ。

というのもPrideのメインイベントの終わりかたがちょっとなあ~って感じだったもんで。
小川直也 vs 吉田秀彦という、メインにふさわしい格調とちょっとした下世話さのない交ぜになった期待の一戦だっただけに、いいオチがつくといいなあと勝手にもりあがってしまっただけに残念な感じが残りました。

二人ともに柔道では、オリンピックメダリスト。
今では「ハッスル」レスラーに生まれ変わったプロレスラー小川と、
万人の注目を浴びる舞台を求め総合格闘家となった吉田
プロレスと総合格闘技、それぞれの求めるものの違いは素人だけど見てりゃわかる。
だけれど、やっぱ敗軍の将、兵を語らずではないけれど、試合後のリングはやっぱり勝った人のモンじゃないの?って思うんだよなあ。



もう随分バラシてるけど、以下ネタバレで失礼!






試合は、吉田の腕ひしぎ逆十字固めが見事にハマり、小川も根性で耐えるも「危険」と判断したレフリーよりストップがかかり、吉田の勝利。

勝った吉田はもちろんスゴイが、あの逆十字をグッとこらえタップしなかった小川も「さすが」と思わせる一戦だった。

その後のマイクパフォーマンスで、小川が試合中に吉田からうけた足関節技により足が
折れたことを明かした。確かにいまいち本調子ではない小川だったが、足が折れてるとは感じさせない試合振りだったので、会場も驚きの様子。


その後、吉田に対し「吉田、お前がんばれよ」と声をかけるあたりで、会場の盛り上がりはピークに。しかしその後、「いっしょにハッスルしてくれよ」と声をかけるも、拒否する吉田・・・・・のあたりからなんとも言えない雰囲気に。

会場の観客とともに「ハッスル」する(ハッスルするってなんかおもろい語感だなあ)小川、その後ようやく勝者吉田がマイクをとるも、退場中の小川と盛り上がった観客による「ハッスルコール」にコメントもかぶせられた吉田(すごくいいこといってたのに!)。

確かにプロレスは観客を楽しませてナンボなのかもしらんけれど、Prideのリングはプロレスのリングじゃないんでしょう?(素人知識でまことにすまんですが・・・)
前の小川vsヒョードル戦のときも思ったけど、やっぱ負けてもハッスルはなんだかなあ・・・・・・

この終劇では、あまりにも吉田が報われない気がしてならなかった。
やっぱり試合後の空気は勝者が占めるべきじゃないのか?とか、
主催者とかはこういうのをどうとらえてるんだろう?と思う一戦でした。



ちなみに、結局12月31日放送の特番たちのなかでベストだったのは、BS2でやってた
ロック誕生50年」って番組でした。(再放送っぽかったけど)

まさにロックの黎明期から今日に至るまでのヒストリーを時系列に紹介してく番組。

こういうのってすご~く助かる。


キンクスの「You really got me」オリジナルはマジで渋かった!とか、
サイケロックやハードロックはいまいち好きになれん!とか
U2がライブで掲げたという白旗を初めて目撃!とか
まったく未知の驚きをいっぱい拾った番組でした。(やっぱパンク誕生期最高!)
まあ、この番組で年を越せてよかったっすよ。
[PR]
by marusun1224 | 2006-01-01 23:38 | ぼちぼち日記

2度も見ちゃったM-1グランプリ2005

優勝したブラックマヨネーズ、すごかった。

ああいうのをオーソドックスの漫才っていうのね~ふむふむ。

ご贔屓の麒麟、決勝で不発。マジで残念。来年こそリベンジしてほしい。

僕のベストアクトは、チュートリアル!!

どこかイタ~イキャラ芸、すばらしかった。
「あ!こーゆーヤツいるよね!」って思いだしたあたりからもうヤバイ。「こいつ次どう動くんじゃろ?」って気になって気になって・・・・個人的には一番でした。


今年は、上位5組くらいはほとんど差がないように感じた。
あんまりおもろかったんで2度も見たんだけど、2度見ても十分におもろかったのは、
笑い飯・チュートリアル・ブラックマヨネーズの3組でした。また来年が楽しみだ。
[PR]
by marusun1224 | 2005-12-28 03:50 | ぼちぼち日記

明日休みだから

今晩のおかずはM-1グランプリ(ビデオにとってたの)じゃ!

結果も知らないし、出場者も知らない。

去年のМ-1の優勝はアンタッチャブルで、内容もすばらしかったし、獲るべくしてとった優勝だったなあと覚えてるんだが、僕が一番心を捕まれたのは敗れた「麒麟」だった。

一回目から出てきて、いつも惜しいトコで負けていく麒麟。
じつはかなり好きなコンビ。

前回大会、なかなか優勝できないなかできっと本音がでたのだろう。
ツッコミの田村さんはセリフをとちって「がんばれ俺達!!」と叫んでしまった。

ボケの川島さんもあまりのことに苦笑するしかなかった。

漫才のネタの最中ではあったけれど、あの一言こそがM-1ていう大会のポジションを指し示していたように思えてならなかった。

M-1とは、お笑い芸人たちの甲子園である

きっとそうだ。
芸人さんたちがいつもよりもカッコヨク見えるのも、
なんともいえないドラマがそこかしこに展開されるのも、うなづける。だって甲子園なんだもん。

さあ!

今年はどんなドラマが繰り広げられることやら!
[PR]
by marusun1224 | 2005-12-27 00:20 | ぼちぼち日記

有馬記念に思う

いやはや前のエントリで観てくれ!って言ったのに、

ディープインパクト、ハーツクライの2着に敗れる!


でしたね~。


ある種異常な雰囲気で行われた今年の有馬記念だったわけだけど、レース後の武豊騎手のコメントにあるように、空を飛ぶような走りをディープインパクトが見せてくれることはなかった。

なにがその原因なのかは当事者でもわからないくらいなので、いちファンの僕にはわかりませんが・・・・やっぱ、馬体重なんだろうかねえ?

実は菊花賞のときにも気になっていたけれど、この馬、馬体重が増えてないんだよな~。
今回の有馬記念はデビュー以来最軽量だったらしく、まさにぎりぎりの体だったのかもしれない・・・・・・やはりおつりがくるくらいの余裕はいるんだろうなあ

とにもかくにも、ディープ敗れる!って事実は、かなり残念だけれど決して悲観することではないな~と思う。一流古馬陣相手取って、ちゃんとほとんどかわして2着に来てるわけだし、まさかのハーツクライの荒業に敗れたけれど、並みの馬じゃないことは証明済みなんだから、黙ってリベンジの時を待つよりないなあ。

ただ一番心配なことはディープが早熟な馬じゃないか?って点。
これだけの馬だから、その可能性は十分にありうる。ヨーロッパとかじゃ名馬は大事をとってさっさと引退するけれど、もともと早熟だからって理由もあったりする。

古馬になって成長が止まり、しだいに成績を落としていくディープインパクトなんか見たくはない。
いつか世界中にその名前を知らしめる馬であってほしいから、神様にこっそり祈るしかないですね。
[PR]
by marusun1224 | 2005-12-26 02:30 | ぼちぼち日記

27歳

つつがなく、無事に、お馴染みの、世間のクリスマスムードにつつまれて、

27度目のバースデイが終わりつつある23時58分。

ひとまず生きてることに感謝して眠ります。
[PR]
by marusun1224 | 2005-12-24 23:58 | ぼちぼち日記