カテゴリ:ぼちぼち日記( 154 )

you can sing a song

AIRの新曲かなりいいじゃない!バイト先の有線でコミミにはさんだんだけど、開放的で、すごくいい!

バイト先の有線ってフツーにヒットチャートにのってるような音楽しかかからないから、たまに自分の好きなアーティストの曲がかかると、一気にテンションあがって、まさに一曲の清涼剤になってくれるかうれしい。

AIRは前の前のアルバムから聴いてなかったから、すごくご無沙汰だったから、ひさびさに友人から手紙をもらったみたいでこれまた嬉しかった~

しかし、AIRのリフは相変わらずいいなあ、ひとむかしのヘヴィーロック路線のころのゴリゴリなリフもよかったけど、こういう軽快な曲だといっそう引き立って、うまい!って思わせてくれる。

邦楽にスリルを感じなくなって久しい・・・・・テンションもあがったことだし、アルバム買っちゃうかな。
[PR]
by marusun1224 | 2005-11-08 04:32 | ぼちぼち日記

もめてる場合か?プロ野球

愛しのわが虎さんチームを4タテでスイープし、38年ぶりにロッテが優勝したってのに、またまた楽天がらみでプロ野球界が騒がしい。

なんか楽天きらいだ


その前の田尾監督解任の一幕だって、誰だって「危うく百回負けそうなチームを率いてお疲れさん、まあ来年も再来年もあるしね~」くらいに思ってたのに、あっさり首.....

フレッシュなチームにフレッシュな監督」とかなんとか初め言ってたのに!
 
なんだかな~。楽天ファンの中にはたぶん「チームとともに育つ監督田尾」もみたいと思ってたひとも多いと思うんだけど。三木谷さんには関係ないことなんだろう。

メジャーへの一流選手の流出、盟主巨人のへたれっぷり、プロ野球自体への関心の低下などなど、あげたらきりがないくらいプロ野球ってヤバいんじゃないのか?
これからさき、はたして王・長島のころみたいな人をひきつけられるだけの物語をプロ野球は提供できるのか?やっぱロマンでしょう!足りないのは!


メジャー挑戦より、高校野球よりもロマンなプロ野球をみてみたい


それでこそ日本のking of sportsでしょう
[PR]
by marusun1224 | 2005-11-04 23:28 | ぼちぼち日記

時代小説行脚 「真田太平記」

三年くらい前から時代小説にはまって、シリーズものを中心に読んでいってる
最初は司馬遼太郎の「竜馬がゆく」(だったっけか?)これが、おもしろくておもしろくて
三回くらい読み返したあたりからハマりはじめ、「坂の上の雲」とかを経て、いまは池波正太郎の「真田太平記」第7巻。

なんとな~く、戦国の話を読みたい、しかも分量の多いやつを!って欲求を十分に満たしてくれる「真田太平記」全12巻!!
しかも一冊平均5、600ページあるし!

でも、結構すらすら読めんだよな~。二週間くらいでもう7巻だし。

物語はよ~やく関ヶ原がおわったあたりだから、このあたりから真田幸村が物語の中心になっていきそう。「日ノ本一の兵」へと転身してくのを楽しみにしよう
[PR]
by marusun1224 | 2005-11-03 02:11 | ぼちぼち日記

デビュ~!!!

電気機器音痴な自分だけど、よーやくこぎつけた~。
まったくまだまだ若いくせに、すでに時代に取り残されてる気もしないではないけんど.. 


今日からぼちぼちやってくぞ~!
[PR]
by marusun1224 | 2005-11-02 04:25 | ぼちぼち日記