カテゴリ:音楽鑑賞記( 37 )

RADWIMPS / RADWIMPS3 ~無人島に持って行き忘れた一枚~

2回、お詫びするしかねーなあ、これは。

お詫び内容
[PR]
by marusun1224 | 2006-03-01 10:37 | 音楽鑑賞記

スーパーカー / スリーアウトチェンジ

a0057367_9395610.jpg
昔聴いたことのあるCDって2種類に分類されると思う。
ひとつは記憶とともに心に深く刻印されてるアルバム
もうひとつは、そうではないアルバム。


これは前者です。
一曲目の「クリームソーダ」の頭。ギターの一音目が耳に入った瞬間。

「あっ」て思ったら・・・・
グワーッて頭の中で、「おもいでムービー」上映開始。もうダメ、ノンストップ。


4月のまだ少し肌寒い空気。
大学入学のために引っ越したばかり。
新しい環境、新しい土地、新しい住まい、新しい世界。
ワクワクする期待感・・・・・・・青い春だなあ~!
くっきりと思い出されます。

一曲、一曲、「これはあそこで聴いたよな~」「これはあの時に・・・」。
それぞれに記憶が詰まっている一枚一枚の写真のようで、まさにアルバム。


もう2月も終わり。
そしたら、春がきますね~。


お気に入りは・・・

1.cream soda 2.(Am I)confusing you? 4.DRIVE 8.Lucky
11.My way
[PR]
by marusun1224 | 2006-02-26 09:55 | 音楽鑑賞記

Veruca Salt / Eight arms to hold you

a0057367_1563538.jpg

これ覚えてる人いるのかな・・・・・


こんなん出てきました。ヴェルーカ・ソルト。
グランジクイーンといえば、カートの鬼嫁コートニー・ラブとかサーストンの良妻キム・ゴードンとか、いろいろあるでしょうが、僕は彼女達です。

ニーナとルイーズのセクシーお姉さんが、わりとゴリゴリサウンドでイケイケ(←笑って許して)ロックを披露してくれたバンド。
(いや、ほんとにイケイケなんだって!)

ダイナソーJr.の復活で、オルタナ~グランジ周辺の音楽が再び注目をあびるかどうかはわかりませんが、すくなくとも僕はひさびさにその手の聴きたい気分だったもので。
これを聴いてた頃、もうすでにNirvanaは終わってて、Beckの「Odelay」とかがブレイクしてた。なんだか、祭りのあとみたいなもの悲しいアメリカの中の一枚だったと記憶しとります。

これは、彼女たちの2ndアルバム。
なかでも、シングルカットされたヴォルケイノ・ガールズは、PVもよ~く覚えてます。なんか、バンジージャンプとかのゴムを身につけて、やたらめったらピョンピョン跳ね回りながら演奏してるPVだったような・・・・・



また観たいな~と思って、ダメモトでYOU TUBEで検索して見たら、あったあったよ!

YOU TUBE Veruca salt / Volcano girls

・・・・・うは~、やっぱ飛んでましたか!懐かしい!
あ、ほらほら、
これってイケイケくない?ステージとか・・・・さ。
[PR]
by marusun1224 | 2006-02-24 02:22 | 音楽鑑賞記

thee michell gun elephant/ロデオ・タンデム・ビート・スペクター

a0057367_0553979.jpg

なんか冬に聴きたいアルバムってないですか?
僕は冬になるとなんだかコレを聴きたくなってしまいます。

「get up lucy」でミッシェルに目覚めた頃は浪人生で、
このアルバムを聴いた頃はもう大学を去る頃。
結局、大学時代ずーっと聴いてたんだなあ、ミッシェル。
ミッシェル・ガン・エレファントの中では、これが一番好きなアルバムです。


明日休みだから、
今日はコイツをクルマに乗っけてドライブします。
真夜中にドライブ。


行き先?






なんとなく北。


お気に入りは・・・

3.暴かれた世界 4.ゴット・ジャズ・タイム 5.ベイビースターダスト
9.ブレーキはずれた俺の心臓  13.赤毛のケリー
[PR]
by marusun1224 | 2006-02-14 01:13 | 音楽鑑賞記

the verve / URBAN HYMNS

a0057367_1135477.jpg

昔聴いた音楽ってなんでまた聴きたくなるんでしょうねえ?


ここのところのUKの勢いを見てると、どうしてもブリットポップの頃聴いたバンドやアルバムに手が出てしまう。
別に感傷的な気分に浸りたいのでもないのに。

そういうお年頃なんだろうか?

リチャード戦線復帰祝いにアーバン・ヒムズをUPしてみました。


このアルバム、出た当初は買った友人から借りて聴いてたので、持ってなかった。
OasisのCast no shadowはthe verveのRichard Ashcroft宛の曲だそうだ・・・とか、
Richardは裸足でステージにあがるそうだ・・・・とか、
いろいろ耳にはしてたけど結局買わなかった。(てか、買えなかった・・・ああ貧乏高校生)

その頃から、実に10年後


このアルバムの一曲目の「Bitter sweet symphony」が、服屋さんで偶然流れてきて・・・・「ああ、やっぱ買っておくべきだった」と思いそのまま購入したアルバム。
このアルバムが出た頃はもうブリットポップも下火になりかけてたと思うけど、改めて聴いてみても全然いいですね!

お気に入りは、
1.Bitter sweet symphony 4.The drugs don't work 7.Space and time
9.Lucky man 11.This time

それにしても、Bitter Sweet Symphonyのイントロ。
これはいつ聴いてもスゲーな!あのストリングス!!

なんとも言えない気高さ高揚感。
グワーって男気(?)が沸々と湧き上がってきます!
一切人に道を譲らずに歩きたくなりますよ、そりゃ(笑)
[PR]
by marusun1224 | 2006-02-09 01:48 | 音楽鑑賞記

We are scientists / with Love and Squalor

a0057367_0571977.jpg

Arctic Monkeysの興奮につられ、気になっていたから勢いで買っちゃった一枚。

NYからまた出てきたこのバンド、なかなかにいいです!

音の方は、キラーズとかあのへんの感じにちかく、疾走感のある内容で、結構クールじゃないか!って思ったんだけれど・・・・

ジャケ、PV、その他の写真。
ともかくいろいろなところで笑いを取りに来ている気がして仕方ない。

We are scientists・・・「ワタシタチハ、科学者デス」ってバンド名からして変。
いろんな意味で目が離せない存在になりそうである。
あ!あんたら同い年か!

東芝EMIによる紹介、コチラで詳細をどうぞ!

                              ★★★★☆
[PR]
by marusun1224 | 2006-02-02 01:09 | 音楽鑑賞記

SCUDELIA ELECTRO / SCUDERIA ELECTRO

a0057367_814576.jpg

スクーデリア・エレクトロが解散してた・・・・


これは最近知ったんだけど、すごくショックだった。
普段、あんまりアーティストの公式ホムペとかはチェックしないほうなので、「最近名前みかけないな~」と思ってたら、昨年に解散。
そういえば、石田ショーキチさんMORTORWORKSとかいうの始めたって小耳に挟んだ記憶があるなあ。その影響もあるのかな?残念だ。

右の写真のとうり、かわいらしいジャケのこの1stアルバムが好きで好きで、何回も聴いた。
いまやAirとしていろんな人のココロのアニキになってる車谷さんと石田さんのユニット、スパイラルライフ。

スパイラルを活動休止後に知って、Airと平行してこのスクーデリアをよく聴いてました。
特に、このアルバムは格別で、大学入試の2次試験のとき行きも帰りもずーっとコレを聴いてた思い出があります。

このアルバムで、初めてエレクトロ・ポップにふれた。
とてもやわらかくって、ワクワクするアルバムでした。

                               ★★★★☆
[PR]
by marusun1224 | 2006-02-01 08:16 | 音楽鑑賞記

Arctic Monkeys/Whatever People Say I AM,That's What I'm Not(・・・・・長いっ!!)

a0057367_2246383.jpg

・・・・



・・・・



・・・・。




ほんとスゲーんだなあ。Arctic Monkeys
たかがロック、されどロック。
アルバム聴いてこんなに興奮したのって・・・・あまり記憶にない。

ああ、ロクな文章書けね~や。聴くほうに意識がいっちゃうもの。
なんでこんなにカッコイイワケ?もう、よくわからん。

とにかく、From Ritz to the Rubbleがね、スゴイ。
なんでこんなにシブいんだろうか?コイツラ20歳そこそこでしょう?
ここ最近にでてきたUKのバンドとは、一線を隔した立ち位置にいるバンドに思える。

なんというか、RockというよりRock&Roll!
聴いてると、’50s辺りのザラッとした感じや、ロカビリーのような感じも聴こえる。そうかと思えばヒップポップの影も感じるし、ハードロックなところも・・・・・

とにもかくにもすごい。
えーと、ライヴは・・・・と、4月2日(ZEPP OSAKA)か。ううう、どうしよう。行きたい。
(興奮しちゃって、乱文失礼しました。でも、許して!すべてMonkeysのせい)

                           ★★★★★(★)
[PR]
by marusun1224 | 2006-01-24 23:11 | 音楽鑑賞記

THE MUSIC/Welcome to the north

a0057367_252758.jpg

昨年、受験勉強中に穴が開くほど聴きこんだ一枚です(開いてるけどさ・・・)。
友人があまりにも執拗にpushしてくるもんなんで、「じゃ、じゃあ・・・」って感じでタワレコ購入してみたら・・・・・

素晴らしいの一言でした。
のっけから怪鳥のようなヴォーカルがハネまくっていて、UKのバンドと聞いていたけど、そのわりにはゴリゴリっとしたパワフルなサウンドで、聴いてるだけで闘争心が掻き立てられるようなアルバムでした。

僕の感想はThis is sexy!!だったんだけれど。
こういう感想はおかしいんだろうか?
薦めてくれた友人にそう感想を言って見ると、「?」って顔しやがったし・・・・
やけに闘争心掻き立ててくれるし、なんか洗練されたボクサーのイメージをつい連想してしまうアルバムです、僕にとっては。

アルバムの中では、4.breakin' 8.Into the nightがお気に入り。


くどいようですがようやく今日はArctic Monkeysのアルバムが手に入る日ですよ!!
昨日、タワレコのまえで、「輸入盤買いてぇ~」という誘惑に負けそうだったけど、よく我慢したぞ、俺!あとは寝るだけだ!     (★★★★★)
[PR]
by marusun1224 | 2006-01-24 02:27 | 音楽鑑賞記

Kula Shaker / K

a0057367_2081623.jpg


久々に、レコ紹介を。

昨日っていうか今日、真夜中に飛び込んだメガトン級のビッグニュース。
クーラ・シェイカー再結成を心の底から祝福しまして、本日はこの一枚!


ハイ!Kula Shakerの1stアルバム 「K」です。


このアルバム、大変思い入れの深~いアルバムでして・・・・

発売されたのが1996年ということで、もう10年!が経ってしまったわけですが、96年といえば高校3年生でした。
当時のUKはまさにブリット・ポップ真っ盛りで、ハイクオリティなデビューアルバムを引っさげ続々と素晴らしい新人が出てきていた頃でした(なんか今と似てますね)。

そのころの僕は、ようやくTHE STONE ROSES(その時、すでに解散してた)の良さがわかりだしてきて、「グルーヴ」という言葉に関心大な時期でした。

なんか「グルーヴ」を感じさせてくれるバンドに出会いたい!そんな気持ちでいる時、MTVから流れてきたのがクーラの「Grateful When You're dead」

もってかれましたよ、ものの見事に。

この曲はわりかしインドテイストはないほうなんですが、
例えば「Tattva(タットヴァ)」や「Govinda(ゴーヴィンダ)」なんかは曲名からしてインド。

あんまりインドインドされるとヒくけど、基本はまっとうなロックバンド。曲も聴きやすいし、洋楽初心者だった自分には大変優しいバンドでした。

ブリット・ポップの頃、綺羅星のごとく出た新人バンドの大半が1stの出来やセールスのデカさにつまづいたのか、2nd・3rd・4thと枚数を重ねキャリアを続けていくことができずにいつの間にか消えていったのは、当時大変ショックでした。
このクーラ・シェイカーもなんか小難しい2nd「Peasants,Pigs&Astronauts」を出すころには、なんだかゴタゴタしていて、やがて解散・・・・・。デビューから付き合いのあるバンドって思い入れも格別で、泣くに泣かれぬ解散でした。

しかし、思いがけぬ復活劇!!
なんか最近感謝してばかりだけれど、ロックの神様!ありがとう!!


日本に来る機会があれば、絶対に行く!何があってもいくぞ!


ちなみに(1)
クーラの1stアルバム「K」は中古CD屋さんに結構落ちてます。しかもなんか安い!
今日も1枚210円(!)で救済してきたので、友人に出す宿題にします。

ちなみに(2)
このアルバムのジャケって確か宗教上マズいとかなんとかで、上のアレに変更になったと思うのですが、最初の頃はすごくシブくてカッコイイジャケでした。
(もし手に入るなら、そっちも欲しい)

ちなみに(3)
私事ではありますが・・・・・・
このアルバムが出る直前に、生まれて初めてできたカノジョに振られました。ああ青春の一枚。

                                ★★★★★
[PR]
by marusun1224 | 2006-01-14 21:14 | 音楽鑑賞記