<   2006年 02月 ( 37 )   > この月の画像一覧

サッカー日本代表vsボスニア・ヘルツェゴビナ代表戦

よし!
まずは、相手国ボスニア・ヘルツェゴビナ代表のスタメンをご紹介。

GK:1 ハセギッチ
DF:4 スパヒッチ、2 ベルベロビッチ、3 ムシッチ、6 パパッツ
MF:8 グルイッチ、5 バイラモビッチ、14 ベシュリヤ、9 バルバレス
FW:10 ミシモビッチ、7 バルトロビッ・・・・もお、ええわい!(笑)


アッチもコッチもビッチッチ。
あのあたりの国をさがしたら絶対いるね!!・・・・モンチッチ
ふぅ・・・まったく。


W杯まであと101日ということで、あとたった3ヶ月すこしで本番ですね!


今回の欧州遠征は、キャンプ地ボンに入ってクロアチアに似たタイプのボスニア戦ということで、まさに本番のシュミレーション。
国内組も確かにがんばっているけど、やっぱヨーロッパ組が入ってくると、ああ代表だな!と感じますよ。

結果のほうは、2-2で引き分け!!
前半は実力伯仲でかなりおもしろい試合をしてたんだけど、後半ボスニアがサイド主体に点を獲りにきたら後手後手になってしまった。
前半終了直前に、見事スシボンバーヘッドを沈めた高原のデキがよかっただけに、うまく逃げ切ってほしかった。

けど、いいんだ!ナイスヘッド、NAKA~TA!!
まさかの終了直前同点ゴール!!ひやひやさせんなよな~。
すこし、相手のボスニアが集中を切らしかけてた感があったから、なんとかならんかよ!って観てたけど、負けなくて良かったよ。
正直なところ、試合に分けて勝負に負けた試合なような印象。本番前には大勝するよかいいかもしれないけれども。

やっぱりデキるFWのいるチームはそれだけで強いなあと、改めて再認させられた試合ですよ。決められた点って、ほとんどバルバレスの仕事。特に、一点目のあのあたりの強さ、巧さがやはり一枚違うのかな?

それにしても、こりゃ本番のメンバー選びはある種罰ゲームだ!
中盤のメンバーなんてさっぱりわからんし、最近ではFWもわからん!
今回は予想するのがむずかしいなあ。
[PR]
by marusun1224 | 2006-02-28 21:44 | ぼちぼち日記

PAY!PAY!DAY!DAY!

今月の財政状況は大変に窮屈なものだったので、2月が28日でマジ良かった!と、胸をなでおろしてます。


ちゅうこって、買えずにうずうずしてたものをいろいろ買ってしまった!


まずは、
最近ぶっ壊れたヘッドフォン(¥1848)
ほんとは、以前uniさんが紹介されてた、こういうちゃんとしたモノを買いたかったけど・・・・さすがに手が出ないもんで、ひとまず中継ぎリリーフ的に購入。まあ、いちおうvictor製品らしいし、しばらくはコイツで我慢我慢。
(やっぱ、もっとしっかり音楽聴けるやつがいいよなあ・・・・)


そして、似たトコで、
PC用にスピーカー(¥1000)
これも欲しかった!いまや、ほとんどの時間PCで音楽聴くからどうしても早めにほしかった。あんまり大音量だと、ディスプレイ内臓の純正スピーカーが音割れするんじゃ?と思ってたから1000円でもひとまず良し!もっと、周辺機器の知識深めてからいいのを買うぞ!

a0057367_20392915.jpg
それと、探してた本がどうやらなかったので、くやしかったから、
『対話する生と死』 河合隼雄(¥705)
このおじいさんよくお名前拝見するんで、とっつきやすそうなのを買ってみた。
前のバトンで、最近始めたいなと思う勉強ということで、心理学・哲学と回答したんだけども。最初からコムズカシイのいくとヒクと思って、読みやすそうだし購入!
本をもう一冊、
『99.9%は仮説 思い込みで判断しないための考え方』竹内薫(¥700)
a0057367_20391290.jpg本屋さん、ブラブラしてたらポーンと目に飛び込んできたこのタイトル。アタマから離れなくてさあ・・・・・ああ、俺、負け!ってことで購入。本て内容確かめられるやつが多いからこんな買い方滅多にしないんだけど、帯の売り文句がイイのよ!

飛行機はなぜ飛ぶのか!?科学では説明できない!

うそん!・・・・え、うそん!!
危ないところだった・・・・危うく声に出しそうだったもん、書店で。
出してたら絶対ヘンなひとを見る目でみられたろーね、二重の意味でアブナかった。


今回は、中古CDがいいのなかったから、かわりにこんなのも購入。
a0057367_20474199.jpgロックマン2 Dr.ワイリーの謎 (¥480)
懐かしい~。これムズかったんだよな~。やらないだろうけど、どっかに飾ったりするかな。


以上、5点で¥4733のお買い上げ。おお、五千円におさまったか!気分いいねぇ~。


ああ、何故にカイモノとはこうも心晴れる行為であろうか


おまけに、今日は代表戦まであるじゃないの!さいこう!
[PR]
by marusun1224 | 2006-02-28 20:41 | ぼちぼち日記

ROCK YOU!

a0057367_23591540.jpg
Paul Betanny Festival,第一夜!

「ROCK YOU!」で始めてみます!


正直、この映画のポール演じるチョーサーが観たいがために、
俳優Fes第一弾としてポール・ベタニーに白羽の矢を立てたようなもんでして・・・・
そのくらい、インパクトある良~い役やってるんですよ、ポール。
(にしては、すっぽりわすれてた俺ってすごいな・・・)


簡単なあらすじは、
中世のヨーロッパを舞台にして、一人の平民出身の青年が、自分の運命を変えるために騎士となって、一対一の槍試合を勝ち上がり立身出世していくという、ごくごくありがちなサクセスストーリーなんです。

この作品は別段、深いテーマとか考えさせられようなものではなくって、気軽に観られるポップコーンムービーなんですが、ひとつ話題になったことがあって、
劇中にQUEEN「We will rock you」が流れたり、他にもTHIN RIZZY、Eric Clapton、
AC/DCの曲も流れてしまう!
という意外に実験的な作品だったんです。

中世設定にRock Song・・・・・?っていうとこにマンマとひっかかって観てみたら、チョーサーにどっぷりハマった思い出の一本です。

以下、ネタバレありです。
[PR]
by marusun1224 | 2006-02-28 01:16 | マイ・フェス開催記

Paul Bettany Festivalの開催

前回のデビフェスの終わりごろ、俳優フェスもいいなあ~とぼんやり思っていたんですが、いまいち「じゃあ、この人で行こう!」っていう適度な人がいなくて、ずっと保留してたんですが。(てか、忘れてた)


今回は、ポール・ベタニーでフェス開催してみることにしました~。


と、言っても「はん?ポール?・・・・誰?」って方もおられるかと思います。
かく言う僕もそのうちの一人でした。いや、ほんとに。
この人、イギリスはロンドンの出身で、1971年生まれ。奥さんはあのジェニファー・コネリーという人です。

こちら写真です、
a0057367_0403668.jpg


どうスか?この顔にピンときます?

じゃ彼のキャリアを簡単に、(太文字は僕が観たことある作品)

スカートの翼広げて(1998)
ROCK YOU!(2001)
ビューティフル・マインド(2001)
マスター・アンド・コマンダー(2003)
ドッグ・ヴィル(2003)etc......

ね?結構すごい映画に出てないですか?
この人の出てる映画3本も観てるんだよな~!でも、教えてもらうまで全然気づきませんでしたよ!僕は。
特に、ドッグ・ヴィルなんて超話題作だったのに・・・・・名前すら覚えてなかったですわ。
ベタニー、準主役なのに・・・・・

俺が悪いのか・・・・それともポールのマジカル存在感のなせるワザかは分かりませんが、僕の関心は高まるばかりなので、フェス開催してみることにしました。
さあて、どんな感じになるか?またまた勝手に盛り上がってしまいます!


ちこさん、情報ありがとうございました。
[PR]
by marusun1224 | 2006-02-27 00:32 | マイ・フェス開催記

バトン二刀流!! (二の太刀)

今度は、ちこさんのところから、バトンキャッチ!

一の太刀では、大変な難敵と死闘を演じてしまったけど、此度の相手は組しやすそう!
「映画バトン」です。
映画のバトンは2本目。
でも、内容は違うモノみたいだから別バトンなんだろうなあ~。
一体世の中何本の映画バトンが存在するんだろう?とか考えてしまった。

よっしゃ!

風呂も入ったし、返す刀で成敗しましょう。
ルーシーばりに「ヤッチマイ」ます。

peekaboo流、二の太刀
[PR]
by marusun1224 | 2006-02-27 00:02 | バトン奮戦記

バトン二刀流!! (一の太刀)

いつもお世話になってるルイヂさんから、バトンキャッチ!

なにやら此度のバトンはツワモノのようである。その名も・・・・・
『ばとーん』という名のバトンだそうだ。

してして、その内容といふのが
―――――――――――――――――――――――――――――――
1.回ってきた質問の最後に「自分の考えた質問を足して」下さい(自分も回答すること)
2.終わったら必ず誰かにバトンタッチしてください
3.まとまりのないエンドレスバトンなので「どんな質問を加えてもOK」デス
4.バトンのタイトルを変えないこと!
5.ルールは必ず掲載しておいて下さい。
―――――――――――――――――――――――――――――――

おおお、こんなバトンもありえるのかあ。
いままで、映画とか音楽とかロックとか・・・・・
何かしらのテーマがあったわけであるが、こういう手もアリなのか・・・・・・
たかがバトン、されどバトン。なかなかに奥が深い。


それにしても、やけに注文の多いバトンだなあ・・・・
これ大丈夫?質問に答えた暁に、食べられかけたりしないよね?・・・・・なんて思ったり。
余談はさておき、いざ、尋常に勝負っ!!

peekaboo流、一の太刀
[PR]
by marusun1224 | 2006-02-26 23:07 | バトン奮戦記

スーパーカー / スリーアウトチェンジ

a0057367_9395610.jpg
昔聴いたことのあるCDって2種類に分類されると思う。
ひとつは記憶とともに心に深く刻印されてるアルバム
もうひとつは、そうではないアルバム。


これは前者です。
一曲目の「クリームソーダ」の頭。ギターの一音目が耳に入った瞬間。

「あっ」て思ったら・・・・
グワーッて頭の中で、「おもいでムービー」上映開始。もうダメ、ノンストップ。


4月のまだ少し肌寒い空気。
大学入学のために引っ越したばかり。
新しい環境、新しい土地、新しい住まい、新しい世界。
ワクワクする期待感・・・・・・・青い春だなあ~!
くっきりと思い出されます。

一曲、一曲、「これはあそこで聴いたよな~」「これはあの時に・・・」。
それぞれに記憶が詰まっている一枚一枚の写真のようで、まさにアルバム。


もう2月も終わり。
そしたら、春がきますね~。


お気に入りは・・・

1.cream soda 2.(Am I)confusing you? 4.DRIVE 8.Lucky
11.My way
[PR]
by marusun1224 | 2006-02-26 09:55 | 音楽鑑賞記

トリノ五輪・・・ついに、ですね。

荒川静香選手、金メダル!!!!

すげー、すげえよ!
しかも、日本フィギィア初!アジア選手初!おまけに今大会日本選手団初!
こりゃ歴史だ。


もう太文字大盤振る舞いですよ。


眠いから寝ちゃおうかと思ったけど、起きててまじでよかった。


なんか、荒川選手の演技は素人目にもはっきりわかるくらいなんかでてたね?スポーツ見てるとこういう瞬間あるんだよな~!

なんか理屈じゃないモンがビシビシ伝わってくるような、神々しい瞬間!
すげえもんみちゃった。


表彰式で、君が代が流れたとき、それまでのドラマッチックさに泣きそうになってしまった。思えば、8年前の長野五輪で観たことある選手だったし(そん時は13位)、こうして世界チャンピオンになって金メダリストになった姿をみせてもらって・・・
人間ってほんま成長するもんなんだなあと素直に思いました。


俺もぼちぼちがんばっていこう、そう思いました。





って、うわもう7時?
今日の仕事は眠いだろうなあ、でもいいや。今日は。
[PR]
by marusun1224 | 2006-02-24 07:18 | ぼちぼち日記

Veruca Salt / Eight arms to hold you

a0057367_1563538.jpg

これ覚えてる人いるのかな・・・・・


こんなん出てきました。ヴェルーカ・ソルト。
グランジクイーンといえば、カートの鬼嫁コートニー・ラブとかサーストンの良妻キム・ゴードンとか、いろいろあるでしょうが、僕は彼女達です。

ニーナとルイーズのセクシーお姉さんが、わりとゴリゴリサウンドでイケイケ(←笑って許して)ロックを披露してくれたバンド。
(いや、ほんとにイケイケなんだって!)

ダイナソーJr.の復活で、オルタナ~グランジ周辺の音楽が再び注目をあびるかどうかはわかりませんが、すくなくとも僕はひさびさにその手の聴きたい気分だったもので。
これを聴いてた頃、もうすでにNirvanaは終わってて、Beckの「Odelay」とかがブレイクしてた。なんだか、祭りのあとみたいなもの悲しいアメリカの中の一枚だったと記憶しとります。

これは、彼女たちの2ndアルバム。
なかでも、シングルカットされたヴォルケイノ・ガールズは、PVもよ~く覚えてます。なんか、バンジージャンプとかのゴムを身につけて、やたらめったらピョンピョン跳ね回りながら演奏してるPVだったような・・・・・



また観たいな~と思って、ダメモトでYOU TUBEで検索して見たら、あったあったよ!

YOU TUBE Veruca salt / Volcano girls

・・・・・うは~、やっぱ飛んでましたか!懐かしい!
あ、ほらほら、
これってイケイケくない?ステージとか・・・・さ。
[PR]
by marusun1224 | 2006-02-24 02:22 | 音楽鑑賞記

パッチギ!

a0057367_111329.gif
とうとうみてしまった。
最近また賞を受賞されたようですね~、これまでにも沢山賞を獲ってるらしいとは聞いてました。井筒監督の前作「ゲロッパ!」が正直イマイチだったので、内心「ホントにそんなにイイ作品なの~?大丈夫?井筒カントク・・・」って訝りながら観ましたが・・・・・



ごめん。完敗。
噂どうりの素晴らしい出来でした、ええ、そりゃあもう。


なんというか、構成が素晴らしいなあ。
キャラごとのエピソードをしっかり作って、ラストに向けてそれを絡めていったあの手法!
いやいや、すげぇや。
本当に、あのラスト前の3つのエピソードが交互に現れ、入れ替わりながらグワーッてテンションを高めてくあたり、鳥肌がたった!めったに立たないのに・・・・・
対立・親和・融合と、日本・朝鮮という2つの立場が織り成す人間模様を同じように並立させて提示させるっていう・・・・・やられた!

正直、日本とか・朝鮮とかそういうハナシってリスキーなテーマだと思うんだけれど、「どうしたらいいかわからん」ことを正直に「どうしたらええかわからんわ!」って堂々と主張したような潔さが素敵でした。


それまで、井筒カントクについては「やたら文句の多いオッサン」程度の認知でしたが・・・・・
これからは一転、「巨匠」扱いにきりかえないといけないかも?などと思うのでした。
[PR]
by marusun1224 | 2006-02-23 01:20 | 映画鑑賞記