<   2006年 03月 ( 44 )   > この月の画像一覧

食物連鎖

食物連鎖といえば、大自然の厳しいサダメということで、殺伐としたもんです。
動物番組なんかで、たまにみかける「食うか食われるか」の世界は、ある種ゾッとさせるときもありますが・・・・

こんなかわいらしい「食物連鎖」なら、いつ見てもokだなあ~。


MISTER DONUT 『かぷかぷ編』


ミスドならではなほんわかクレイアニメーション。
かわええ~。
[PR]
by marusun1224 | 2006-03-31 12:56 | CM感想記

KEMURI / emotivation

「アイシテマス!」の一言を引用させていただいたってコトで、a0057367_2232732.jpg
KEMURIをup!
日本を代表するスカ・パンクバンドですね~。

実は手元に、このアルバムと『千嘉千涙』の2枚しかなくって、本当は彼らの代表作とも言える『77days』のほうを取り上げたかったんですが、またいつかの機会にしときます。(『77days』・・・大傑作だと思ってます。未聴な方はこの機に是非です)

で、この『イモチベーション』。

このアルバムのころはちょうどホーンセクションのメンバーの脱退があったりして、どういう音になっていくかな~って思ってた頃に、出たアルバムなんです。あまりに『77days』のデキが良すぎたために、「もうバンドのピークは過ぎてしまったんだろうか?」なんて心配してました。

スカ・パンクということで、どうしても普通のパンク・バンドとは別のジャンルって捕らえていたんですが、コレを聴いて反省。
スカとかどうとか言う前に、彼らが実に素晴らしいパンク・バンドであるか知らしめてくれた一枚でした。

なにより彼らはメロディがすばらしい。
GREEN DAYや、THE OFFSPRINGのようなパンクバンドがそうであるように、優れたメロディの書けるパンクは決して飽きがこないもの。ケムリもそうした貴重なバンドだなあとおもってます。

一貫したポジティブな姿勢から紡がれる歌詞は、ほんとに肩を叩いて励ましてくれるようなあたたかさに満ちてます。

かくいう、僕も大失恋後の地獄のような日々をこのアルバムにたすけられてたりして・・・。

お気に入りは・・・

2.rockin' 7.city life 9.try to be yourself 10.without a word to share
[PR]
by marusun1224 | 2006-03-30 02:46 | 音楽鑑賞記

1500HIT!!

あ、来るかな?来るかな?と思ってましたが、今日ついに1500HITを突破しました~!


うおお、うれしいっす。泣きそうっす!
みんなありがとー!愛してます!
(敬愛する伊藤ふみお氏のセリフを借用だ!)


こんな場末のブログですが、みなさんいつもお越しくださり大変ありがとうございます。
すっかり、ブログを書くことが習慣となってきているこの頃。
友人soulwardenクンのお誘いではじめてみたものの、一体ナニを書いてよいのやらさっぱり分からず、最初の頃のエントリの未熟さには赤面です。
あ・・・・

ダメダメ!ああっ、そんな見ないでくださいってば(笑)!(ネタ)

まあ、更新してれば文章の練習にもなるかな~と思って続けてきました。
お得意の分野を導入してからは、ネタに困ることもなくなり、ようやく板についてきたかなあ?なんて思っていたところに、1500HIT、バンザ~イ!
みなさんのおかげですよ、ほんとに。

いつもコメント頂き、ありがとうございます。

ほんとうに嬉しいです。

これからも、コメントを頂くのを楽しみに(そして励みに)、
がんばっていきますのでどうぞよろしくおねがいします。感謝。
[PR]
by marusun1224 | 2006-03-30 02:05 | ぼちぼち日記

サルベージ ダイアリー(no.5)と少し

給料前なんだけど・・・・またやっちゃったよ。
もう中古CDは猛毒
なんでかしらないけど、ど~も洋楽CDって値のつけ方がありえない店があるんですね~。自己評価額とのあまりの開きに愕然とすることもしばしば。
ありがたいお話ですが・・・・・・中毒性高すぎですよ。

ワゴンセールやってようもんなら必ずチェックしてるからなあ。僕にとって中古CD屋および古本屋は鬼門です!

今回のサルベージ品はと・・・・

The Cardigands / LIFE  ・・・(210円)
Good CHARLOTTE / The Young And The Hopeless ・・・(210円)

以上の2枚。
どちらも輸入盤の中古なんですが、カーディガンズの『ライフ』なんて、めちゃ有名な一枚だし、グッド・シャーロットなんて210円で出したらもったいなくないか?
と、お店を心配してしまうくらいの良心価格。また、おいしい買い物してしまった。


お金なかったけど、どうしても読みたい小説があったんでこちらも買ってしまった。
白石一文 『私という運命について』(1680円)
a0057367_192689.jpg

以前、hamejiさんのところで、レビューに感動して是非欲しかった一冊。読書家ではないので絶対に新書なんて買いません(ボンビーなのよ!)が、欲しいと思ったら買わずにいられない性格なので購入しました。

まず、タイトルからしてドツボ。
内容はまだ読んでませんが、自分が小さい頃からずーっと考えてたテーマが「運命ってなに?」だったものですから、まさに「これっ!」ってタイトルでした。
こんなに期待して小説読むの久しぶりだ。
ああ、また読む本増えた・・・・読んでないの山積みだ(笑)

ちなみに、最後までどっちにしようか迷ったのは、コレ(↑)かコレ。ちょっと立ち読みしてしまいましたが、こっちは給料でたらすぐ買います。(あのエプロンにあんないじらしいエピソードがあるとは)
[PR]
by marusun1224 | 2006-03-29 01:22 | ぼちぼち日記

なりたいな。なれるかな?なりたいけれど、たりないな?

一応、私いまだに進路検討中でいるんです。
で、今年も大学職員採用試験に挑むつもりであります。

さすがに27ともなると、ジリジリするような焦りみたいなのが感じられて、なんかいたたまれなくなったりもしている毎日。
昨年に比べ、若干名採用枠が増えたみたいだし、もうダメモトでいってきますよ。


もちろん、落ちたらきっぱり就職。


試験勉強ばかりで、落ちたら・・・ってことまでアタマが回ってないから、「実際ドコにいくの?」と言われると困るんですが、この前見つけて気になっている職場があるんです。

それは、単館系の映画館。

県内で一軒くらいしかない、小さな映画館です。

ソコも入れないかもしれないですが、今まで蓄積した映画の知識(必要なのかな?)。バイトで培った映写の知識。映画に対する愛情。そして度胸一発。愛嬌奮発。嘘八百などなど。
あらゆるチカラを総動員して、2つの門に挑みたいと思ってます。
[PR]
by marusun1224 | 2006-03-28 02:53 | ぼちぼち日記

田中裕子のほとばしる女優魂に戦慄する

映画好きになって(いつからなんだろう?)からというもの、最先端の現場であるCMには
やはり注目!なわけですが、またまたビッグ・ヒットが登場。

年末なんかに映画とかは今年中ベストを考えてみたりするんですが、
もしCMでもそれやったら・・・・
絶対コレはランクイン間違いナシだ!!a0057367_3382237.gif



タンスにゴンゴンアルファ(KINCHO)



い、いいえ!あなたは絶対消えませんから・・・
と、思わず土下座したくなるようなこのオーラはなんだろう?
暗い・・・・というか、怖い・・・・というか、貧しいというか。
もう最後らへんの引き笑いは、言葉にできないもんがありますね(笑)
はたしてこのCMのインパクトを上回るツワモノが現れるのか、はなはだ疑わしいです。


最後らへん、田中裕子の「わたしが消えたらどないすんの?」のセリフを受けて、
どうやら担当者らしい男性が「すみません」と小さく答えてるのにまたウケた。
[PR]
by marusun1224 | 2006-03-27 03:38 | CM感想記

KEANE、サマソニに出る!

コールドプレイのパクリだとか、さんざん叩かれてましたが、僕は好きです「キーン」。

ちこさんのところで、今年のサマソニ、参戦決定!の一報を聞きつけました。また楽しみなメンツがふえましたね~。

サマソニの公式ページでは、
ほかにDEFTONES,TOOL,THE RAPTURE,TALKING BACK SUNDAY,PHOENIX
なんかの参加も決定している模様。
DEFTONESにTOOLて、今年はメタル系が強そうなメンツですね~。
大御所メタリカも来るしね。
知らないバンドもあるから、早速ロック春期講座を開設して、予習だ!
サマソニ関連で大変便利なブロク発見!こちらです。


実は、一緒に行く予定だった友人が、都合で参戦不可になって、「ど、どうしよう?ひとりでさんせんかなあ?それとも見送りかなあ?」と迷ってます。
[PR]
by marusun1224 | 2006-03-26 12:30 | ぼちぼち日記

『マスターキートン』

a0057367_1295069.jpg
ここ2日ほど風邪をひいておりました。
主にハラをターゲットに狙い撃ちされ、吐き気と熱とダルさにダウンしとりまして、せっかくコメントいただいていたのに、ロクなレスも出来ず申し訳ありませんでした。
もう治ったので、再開と相成りました。

で、マスターキートン


もしかしたら、一番好きなマンガかも知れません。
考古学を専攻する大学教授にして、元英国特殊部隊SASのサバイバル教官。そして、バイトでしているのが国際的な保険会社ロイドの調査員(探偵みたいなもん)という、いいとこどりの完璧ヒーロー像に魅せられたもんでした。

一話完結ですすむストーリーはどれも完成度、極めて高し!
まるで、一本のショートムービーを観るかのようなデキで、取り上げるジャンルも実に多い!よくもこんなのできるよなあ~と感心してしまうマンガです。
(そういや、BSマンガ夜話でも「最高レベルのクオリティ」とホメられてたなあ)

画はもちろん日本が世界に誇るマンガ家のひとり浦沢直樹
原作は勝鹿北星というひとで、これはペンネームだそうです。
いま、なんか作家同士の間で争いがあるらしく、なんとこの傑作の新版は出ない状態だそう・・・・もったいない。
こりゃもう、古本で全巻ゲットするしかない!と息巻いております。


う~む、やっぱり病み上がり。調子がでないや。
[PR]
by marusun1224 | 2006-03-26 01:43 | マンガ鑑賞記

「猫村ねこ」さん・・・気になってます。

a0057367_2352832.jpg昨日、なんかの番組でやってたから記憶に残ってたんですが、『きょうの猫村さん』。
めちゃくちゃ気になっております。

普通のネコが、なんと家政婦としてはたらくというお話。
その家政婦が「猫村ねこ」さん。
脱力系の絵が、なんともふわ~っとなってしまう!

今日仕事で、たまたま新聞の書評にのってて、思わず切り抜き。欲しくなりました。
なんか、どっかに加入しないと観れないそうですが、単行本がでたみたいなのでそっちを買うものリストにいれてます。

お試しで観られるサイトはコチラ

ね?いいっしょ?
[PR]
by marusun1224 | 2006-03-23 23:54 | ぼちぼち日記

『ヒューマン・ネイチュア』

a0057367_1111970.jpg
WBCも終わって、ようやく一息。
一日遅れの休日だったので、お手ごろ価格で手に入れた映画をようやく観る事ができましたよ。以前に観た時に、眠気がふっとぶような痛快なくだらなさに圧倒されまして、もっかい観たいとおもってたこの作品。『ヒューマン・ネイチュア』です!

ビョークやケミブラなどのPVでおなじみの、ミシェル・ゴンドリー監督作ですね。
そして、脚本は『マルコビッチの穴』の鬼才、チャーリー・カウフマン!
一筋縄ではいかないメンツが、まったくふざけた映画やってくれてる(笑)

だいたいさ~、設定がヘンすぎるよ。

主に、3人のキャラクターを中心にお話は進んでいくんです、が・・・・・どいつも変人!
まず、ティム・ロビンスが演じるのは、厳格な家に養子として育った、「ネズミにテーブルマナーを教え込むこと」を研究する博士。
そして、パトリシア・アークエットが演じるのは、病気で異様に体毛が伸びてしまい、人の目を気にして森に逃げ込み暮らす女(しかもすっぱだか)
最後に、リズ・エヴァンズが演じる自分を類人猿だとおもいこんだまま成長した男(また、すっぱだか)。
ね?設定自体がすでに大ボケでしょ?

類人猿(と勘違いした人間)が「マナー」を叩き込まれて「人間」になったり、「人間」が「類人猿」になりたがったり、ありえね~!って展開のオンパレード。
設定自体の大ボケが決まってるがゆえに、シリアスなシーンほど「ぐはは、なんだこれ!?」と笑ってしまいます。(ミュージカルシーンと、ラブシーンなんか特に)

きっと、テーマは「文明社会のカリカチュア」なんだろうけど。
真面目に考えようとするのがばかばかしくなるほどの「くだらなさ」・・・さいこうでした。
[PR]
by marusun1224 | 2006-03-22 15:22 | 映画鑑賞記