<   2006年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

フジロック終わったのね~

つくづく、この十年の日本におけるロックの状況の変化を如実に物語るのが、フェスの成長なのかなぁなんておもいますが。


参加された皆さん!!お疲れ様!!うらやましーぞぉぉ(TT)


ああ、いかんいかん。
ここは一つクールに語らうつもりだったのに、感情がほとばしってしもうたわい(汗)
つっても、絶対来年はいくぞ!


参加者で、ぶろがーでもある方々の熱いレポでも見ながら、寝ることにしますよ(涙)
[PR]
by marusun1224 | 2006-07-31 22:20 | ぼちぼち日記

ミッション・インポッシブルⅢ

a0057367_1556997.gifなんというか、頭使わなくていい映画って、たまーに観たくなりません?(笑)

ふかーいふかーいメッセージを読み解くような、難解な映画を堪能するのもいいんですが、もうほぼ「観てるだけ」でもいい映画って、意外に貴重な存在ですわ^^;(疲れてるとき、忙しいときなんか特にね!)

ちゅうこって、観てきましたよ『MI:3』!!

『エイリアン』シリーズなんかでもそうだけど、大作シリーズものってある種お祭り的な雰囲気ってありますよね~。しかも、毎回監督さんが変わるから1作ごとに味わいが違ってソコがまたいい!

『スパイ大作戦』のリメイク映画もはや3作目。
ブライアン・デ・パルマ(1作目)、ジョン・ウー(2作目)そして、今作の監督は・・・・
J・J・エイブラハムズ!!



うん?誰デスカ??(笑)


聞いたことも観た事もないよな人がMI3撮ってダイジョブ??(笑)なんて、大変失礼な感想を持ちながら見てきました。まあ、監督はダレだっていんだよ!(暴言)
そう!そうなのだ!


僕の注目はF.S.H(ふぃりっぷ・しーもあ・ほふまん)オマエだ!!


ありえないくらいの情けない役・ヨゴレ役を、
安定したキレっぷりでどっぷり披露なF.S.H.。
積年の努力結んでオスカーゲットなF.S.H.。
こんな大作にまで顔を出してきて、しかも敵役なんて!
大きくなったなぁ(TT)(モトからデカイですけど^^;)

J・Jって誰なんですかー?(笑)
[PR]
by marusun1224 | 2006-07-26 16:00 | 映画鑑賞記

BOOM BOOM SATELLITES / ON

a0057367_1523655.gif基本的に歌モノがスキな自分にとっては、テクノっぽい音とか正直馴染めませんで、自分から進んで聞くことはあんまりないんです。ロックであれば細かいジャンルとかも多少はわかるけど、この手の音楽にはさっぱりですよ。

先ごろ、ロキノンジャパンにて非常に興味深い記事を目にして、
聴いてみましたよ!ブンブンサテライツ!!
なんでも、Vo.の量を増やして、音自体もロック色の強い仕上がりになっているということで、「これは一丁聞いてみねば!」と思ったわけ。
ここまで、映画アップルシードで使われてた''Dive for you''という曲一曲のみしか聴いた事はなかったので、アルバムをとうして聴きとおしたは今回が初!


いや、コレまじですごいかっこいいよ!


なんというか、直感だけど、これは映像との親和性がメチャメチャ高そう!!
よく、音楽聴いてると勝手に頭の中に映像が湧きあがってくることありませんか??
このアルバムを聴いてると、もうそれが・・・・すごいんだって。

僕の場合まっさきに思い浮かんだのがマトリックスとか攻殻機動隊のようなサイバーパンクっぽい風景で、ブンサテのもってる孤高なクールさみたいなモノとサイバーパンクの機械に囲まれた体温のナイ感じがジャストフィットするね~。
そこにVo.が加わることで、人間の体温みたいなものもイメージに乗ってきて・・・・。
うーむ、まさにサイバーパンクではないですか!

いやまじで、こいつらもっとガンガン映画でかかってほしいよ!


ひさびさに、聴いててテンション上がりまくりで高速道路で出したことないスピードだしかけたのはナイショ(笑)
だって、コレ聴いてたらでちゃうのよ!おれのせいではナイ!なんて^^;
[PR]
by marusun1224 | 2006-07-25 15:41 | 音楽鑑賞記

明日からしばし旅にでます!

木曜の夜から日曜日まで、しばしブログお休みします~。


まぁ、公務員試験も・・・・ねぇ?^^;
2年もやったらさすがに疲れた!
しばらくゆっくりして、今度はしっかり就職の道に復帰するつもりですよ^^


それまでのしばし休憩Time、楽しんできまぁーす!

a0057367_3201080.gif

[PR]
by marusun1224 | 2006-07-20 03:20 | ぼちぼち日記

指定型バトン 『UK Rock』をキャッチ!

フィーゴさんから指定型バトンをキャッチ!!

おお、2本目の指定型バトンですよ!
さてさて、今回のお題は・・・・・・【UK ROCK】!!
(フィーゴさん長らくお待たせしまして大変失礼でした^^;)

なんか、こういうふうに「その人の○○について聞きたい」形式のバトンもおもろいですね!自分が回すときも図々しくリクエストしちゃおうかな~と思ってしまった次第ですわい。

~指定型バトン~
ルールはコチラ!
◆廻してくれた人から貰った『指定』を『』の中に入れて
 答える事。
◆また、廻す時、その人に指定する事。

UK ROCKに感謝な答え
[PR]
by marusun1224 | 2006-07-18 23:13 | バトン奮戦記

中田英寿引退

先日放送された、引退特別番組を見てから記事にしようとおもってましたが、なかなかソレまでどういう風に記事にすればよいのか見当をつけるのに苦労しましたよ。

思えば、中田英寿の足取りはまんま日本サッカーの足取りであったように感じられてくる。カズの成功とはいえないセリエA挑戦のあと、「ああ、やはり日本人が欧州で活躍するなんてのは憧れにすぎないのか・・」と落胆したものだった。
しかし、ちょうどバトンタッチするようにして現れた中田が、ペルージャへの移籍を成功に導き(デビュー戦のユーベからの2得点!!いまだに信じられない出来事だ)、果ては優勝を狙うようなビッグクラブに移籍するような「本物のサッカー選手」として現れるなんて、予想だにしなかったことだ。

ほんとうにいい夢を見せてもらった。それに尽きる。

また、日本代表においては、日本人として覚醒した中田の姿を見れたのが嬉しかった。

かつてラモス瑠偉が活躍していたころ、その風貌が歴史上のキリスト教伝道者に似ていたことから、「サッカーの伝道者」というニックネームを耳にするとこがあったけれども。
この度の、引退特別番組をみて僕の目には「中田英寿」が「ラモス瑠偉」に見えてきてしかたがなかった。

異なる価値観を持ち、絶対に屈しないという闘志を持ち、チームを引っ張るにふさわしい技術と実績を持ち、日本的なぬるい連帯に厳しい一喝を加えることの出来るリーダー。しかし、理解されるのが難しく、孤独なリーダー。

かつて個人主義と痛烈に批判されたはずの中田の姿は、もうなかった。
「日本人でもできる」「日本人だからできる」
そこには欧州では「極東のサッカー小国からきた外人助っ人」としてトップレベルで切磋琢磨してきた男の確かな実感があるのだろう。
それゆえに、「日本人のここがいけない」「日本人にはここが足りない」の部分が上手く伝わりきらなかった点には、まさに無念無念である。
ラモスが「サッカー」を伝えたとするなら、中田が「本物」を伝えたと言えそうだなぁ、と感じた。なんなら今からブラジル戦でも見てみようか・・・・中田の無念の何分の1かくらいなら感じ取れるのかもしれないね。

今後、どのようにして活動していくのかそれは本人のみぞ知るだけれど、いつの日かサッカーのピッチに戻ってきて、日本をさらに上へと押し上げる為にその貴重な経験を生かす立場へ戻ってくることを心からねがっています。

リアルタイムでプレーを見ることができたことを幸せに思います。あなたは日本の誇りでした。お疲れ様でした。
[PR]
by marusun1224 | 2006-07-17 17:03 | ぼちぼち日記

『THE 有頂天ホテル』

a0057367_1572645.jpgいや~、ひさびさの映画鑑賞記です!
なかなかに、観る機会もなくってやりたやりたいと思ってて、ようやくですよ~。

ということで、三谷幸喜監督作、
『THE 有頂天ホテル』観ました。


もちろんもはや知らない人はいないのでは?と思うほどの実績を、舞台・TVドラマで残してきている三谷幸喜ではありますが、さて映画は?というと・・・・

正直、あんまりスキではありませんでした

ちゅうのは、作品を観ていると舞台(セット)の数が普通の映画よかはるかに少ない:
ので、どーしても圧迫感というか、なんか閉じ込められているような感覚が作品から押し寄せてきてイマイチ集中して観れなかったワケなんですわ。
そもそも、映画のかなり大きな性格としてあるカメラのおかげで舞台・場面をいくつでも作れるっていうのは映画を映画たらしめる非常に重要なポイントだし、そのあたり「ううむ、もったいないではないか~」とシロウト考えしておりましたよ。

『ラギオの時間』も、『みんなのいえ』も、『笑の大学』も一応目を通してはきましたが、
やはりその当たりの心配点が改善されているという風でもなかったので期待はしていなかったんですが、非常に評判がいいとのことで観てみました!

以下、ネタバレありです。
[PR]
by marusun1224 | 2006-07-15 15:20 | 映画鑑賞記

「ぼちぼち日記」再び!

大変長らくお待たせいました。peekaboo styleは通常業務に復帰します!


「いあ、別にチミのブログは待ってないから」とか言わないで(笑)
ようやく物事も整理がつきだしておりまして、以前のとうりに、

原則 毎日更新

の気高きスローガンのもと、音楽・映画・スポーツなどなど幅広く
ダベって参りたい所存にござりまする。

停滞中の期間・・・・いや~アクセス減った減った!!
まあ、たいして数があるほうではないのですが、それにしても平均して半分くらいの数まで落ち込んでおりまして、なんとか以前くらいのページビューまで回復したいところですな!

停滞期間中(サボリ期間中)、コメント返答・トラバお礼などできとりませんで、大変失礼しました^^;
[PR]
by marusun1224 | 2006-07-15 13:24 | ぼちぼち日記

イターリア!

えー、いまさらながらのW杯決勝ネタですが・・・・。
イタリア、やったね!

まあジダン退場の話題のほうが、引退の兼ね合いもあって注目度高いってのもなんだか微妙な心持ちですが(笑)

前半しかみれなくって、PK戦にまでもつれ込んでるとは思いませんでしたよ。
まさに、アメリカ大会の無念をきっちり返しましたね。

プラティニも言っていたけれど、今大会もPK戦で勝負が決まるシーンが多く、守備的なチームがおおかったですね。
PK戦で決まるのもいいけれど、点をバシバシ取り合うような派手な試合展開のほうが盛り上がることですし、今後サッカー自体が面白くなっていくためにもなんか工夫が必要なんではないかな?と感じました。

さて。

また、4年後。
オシムジャパンがどこまでいけるか、一歩一歩足取りを見守る旅がはじまりますね。
[PR]
by marusun1224 | 2006-07-12 16:04 | ぼちぼち日記

W杯 ドイツ大会ラストゲーム

いよいよ決勝戦!


強豪がほぼ波乱なく勝ち残り、決勝トーナメントでもかなり豪華な対戦が相次いだ今大会もいよいよ最後ですね!
僕ははっきりとイタリアを応援することに決めました!
たしかに、ジダンのラストゲームであるという点には心魅かれますが、デルピエロもラストゲーム。前の記事にも書いたとおり、はじめて見たW杯の決勝で散ったチームはイタリアでした。


バッジョの後継と目されたデルピエロが代表引退となるこのゲーム。
なんか、ドラマじゃあないですか!!

最後の最後まで、目が離せない死闘を繰り広げてくれることを切に願っておりますよ。
あ、ドイツ3位おめでと!ポルトもよーやった!強くなったなぁ
[PR]
by marusun1224 | 2006-07-09 20:10 | ぼちぼち日記